おさかな写真館

東北の海のおさかなを写真付きで紹介するページです。

最新のおさかな

           
番 号No.152標 準
和 名
ウスハダカ学 名Myctophum orientale
写 真
分 類ハダカイワシ目ハダカイワシ科地方名
別 名
なし。
特 徴鰓蓋上端の切れ込みは前方を向き、鋸歯状ではなく、なめらかで丸い。臀びれ上にある体側後部発光器(Pol)は1個で、肛門上発光器(SAO)は3個で折れまがる。側線有孔麟数は38~41。体はややずんぐりしている。他のハダカイワシ類と同様、日中は水深200mより深い深海域に生息し、夜間には表層付近に浮上しで動物プランクトンを食べる。写真個体は、東北区水産研究所資源管理部の底魚資源研究室が漁業調査船「若鷹丸」による着底トロール網を用いた調査で採集されたウスハダカ。体長7cm程度になる。 食用にしない。
分 布東北地方太平洋沖(三陸沖)~鹿児島東方海域、西部太平洋に広く分布する。
写真提供
写真・文:北川大二
(東北区水産研究所)
PDF

過去のおさかな

閲覧したいおさかなを選択してください。