おさかな写真館

東北の海のおさかなを写真付きで紹介するページです。

最新のおさかな

           
番 号No.153標 準
和 名
オオメハダカ学 名Protomyctophum thompson
写 真
分 類ハダカイワシ目ハダカイワシ科地方名
別 名
なし。
特 徴体側の発光器は腹側に集中し、測線付近にはない。吻はやや短く、吻端は上顎前端にほぼ等しい。側線はよく発達する。胸びれ上発光器(PLO)は胸びれ上端よりも下にある。胸びれ下発光器(PVO)は水平。肛門上発光器(SAO)は等間隔ではなく、SAO2はSAO1よりSAO3に近い。SAO1はVO3の直上か少し前にある。他のハダカイワシ類と同様、日中は水深200mより深い深海域に生息し、夜間には表層付近に浮上しで動物プランクトンを食べる。写真個体は、東北区水産研究所資源管理部の底魚資源研究室が1998年11月に実施した漁業調査船「若鷹丸」による着底トロール網を用いた調査で岩手県洋野町沖の水深900mの調査点で採集された全長6cmのオオメハダカ。食用にしない。
分 布東北沖から北海道の太平洋岸、北太平洋の亜寒帯域に広く分布する。
写真提供
写真・文:北川大二
(東北区水産研究所)
PDF

過去のおさかな

閲覧したいおさかなを選択してください。