おさかな写真館

東北の海のおさかなを写真付きで紹介するページです。

最新のおさかな

           
番 号No.157標 準
和 名
ダルマハダカ学 名Diaphus theta
写 真
分 類ハダカイワシ目ハダカイワシ科地方名
別 名
なし。
特 徴体高は高い。側線はよく発達する。吻はやや短く、吻端は上顎前端にほぼ等しい。虹彩の後半部に白色の三日月形の組織がない。胸びれ上発光器(PLO)は胸びれ上端よりも下にある。前部しり鰭発光器(AOa)と後部しり鰭発光器(AOp)は連続する。尾柄部はあまり細くない。鱗と皮膚ははがれやすい。深海性で、主に甲殻類を食べる。写真個体は、2007年11月に東北区水産研究所資源管理部の底魚資源研究室が漁業調査船「若鷹丸」による着底トロール網を用いた調査で、宮城県金華山沖の水深450m付近で採集されたダルマハダカ。尾びれが破損しているため、正確にはわからないが全長はおおよそ97mm。分 布駿河湾、東北地方太平洋沖、太平洋、インド洋、地中海に広く分布。食用にしない。
写真提供
写真・文:北川大二
(東北区水産研究所)
PDF

過去のおさかな

閲覧したいおさかなを選択してください。