「あまころ牡蠣・あたまっこカキ」試食会が開催されました

  平成29年5月23日(東京都内)及び5月24日(仙台市内)に大手オイスターバーチェーン店で開催され、マスコミ関係の方々をはじめ、多数の方が参加されました。  あまころ牡蠣・あたまっこカキは、東北区水産研究所が代表機関となっている農林水産省技術会議「食料生産地域再生のための先端技術展開事業(貝類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究)」において、  復興のシンボルとして開発されました。あまころ牡蠣は小振りですが、雑味が少なくさわやかな甘みが特徴で、あたまっこカキは小粒で、殻が白くて表面が滑らかで味は濃く、歯応えがしっかりしています両会場では、  開発の経緯等についてのプレゼンテーションの後、試食が行われました。参加されたみなさんは、一般のカキと食べ比べることであまころ牡蠣の甘み、あたまっこカキの濃厚さを実感され、内容は多くのテレビ等で報道されました。

 また、5月24日から6月8日までゼネラル・オイスター運営28店舗で期間限定で提供されます。


当日の様子

東北水産研究所 神山氏によるプレゼン(仙台会場) 試食会の様子(仙台会場) あまころ牡蠣・あたまっこカキ