東北区水産研究所
  トップページ >> 組織について >> 混合域海洋環境部 >> 高次生産研究室
高次生産研究室



高次生産研究室へようこそ

 資源の生産には、物理環境、餌料環境のほか、他の生物との相互作用など多くの要因が複雑に関係しています。

 混合域の海域特性のもとで資源が生産される仕組みを明らかにするため、サンマやマダラなどの資源の生産に関わる諸要因を分析し、これまで研究が進んでいなかったマイクロネクトンなどの非漁業対象生物種やオキアミ類など大型動物プランクトンの資源生物との餌を巡る競合、食う−食われる関係などを通しての資源の生産に果たす役割などを解明する研究を行っています。


--------------------------------------------------------------------------------------

  【写真】 ハダカイワシの一日

 昼間は、暗い深海にいます。

 夜になると、浅海に浮上して餌(プランクトン類)を食べます。