東北海区沿岸水温予報(2000年)
海域 経過(1〜6月) 現況(6月中旬〜7月上旬) 見通し(7〜11月) 見通しの背景 特異現象(漁海況)
三陸北部(青森県太平洋沿岸;青森水試発表) 0m:平年並〜やや高め 50m:平年並100m:平年並津軽暖流の張り出しはやや弱め〜平年並水塊深度はやや浅め 0m:やや高め50m:平年並100m:平年並津軽暖流の張り出しは平年並水塊深度はやや浅め 津軽暖流域の水温はやや高めとなる.津軽暖流の東方への張り出しは,やや強め〜かなり強め 4〜6月の対馬暖流の流幅及び水塊深度は平年比が大.勢力としては4〜6月にわたって強め.気象庁予報では,三陸沖海面水温はやや高く,親潮系冷水の張り出しは平年並のため. サクラマスの累積漁獲量(太平洋12〜5月)は過去5年間で最低.イカナゴの累積漁獲量(白糠4〜5月)は好調だった前年の1/4.スルメイカの初漁は前年同様遅く,6月の漁獲量は前年の2割."
三陸中部(岩手県沿岸;岩手水セ発表) 全体的に表面水温,100m深水温ともに平年並〜高め傾向で推移.4月は冷水域の影響を受け、40〜50海里でやや低め基調.5月以降は冷水域が点在し,部分的にやや低め. 10海里以内は平年並に推移.10〜70海里は表面水温は平年並み〜高め基調,100m深では平年並〜低め基調. 10海里以内は平年並〜やや高め基調.10〜70海里は平年並〜低め基調で推移. 10海里以内は経過と津軽暖流の勢力.10〜70海里は冷水域の存在.黒潮系暖水の北への勢力. スルメイカが沿岸域で好調(定置網,釣り).マイワシが久慈を主体に年累計105トンの入網(定置網).スケトウダラが釜石,大船渡の定置網に入網.
三陸南部(宮城県沿岸;宮城水セ発表) 1月は142°Eを中心に冷水が差込み,表面,100m深とも平年より低め.2〜3月は概ね平年並.4〜5月は沖合南部を中心に表面,100m深ともに2〜5℃低め.6月は表面で平年並,100m深で2〜4℃低め. 7月上旬は,表面では平年に比べて2〜5℃高め.100m深では,沿岸南部で平年並だが,他の海域では2〜4℃低め. 表面水温は平年並.ただし沖合域では暖水塊の影響から平年並〜やや高め.100m深水温は低め〜平年並. 黒潮北限緯度は北偏傾向から平年並となり,親潮第1分枝も平年並.しかし第1分枝に連なる冷水は南偏を維持.金華山沖暖水塊は西へ移動すると考えられる.
常磐北部(福島県沿岸;福島水試発表) 本年1月より低め基調で経過している.1月:平年並〜極めて低め2,3月:親潮系冷水の南下が弱まり,平年並〜やや低め.4月:平年並〜低め5,6月:沿岸部を中心に50m,100m深とも平年並〜極めて低め. 表面水温は,ごく沿岸でやや高め,県南沖でやや低め〜低めだが,全体では平年並.100m深水温は,平年並で推移. 7,8月はやや低め,9月〜11月はやや低め〜平年並で推移する見込み. 7,8月:沿岸(距岸30海里以内)の100m深水温平年差が,平年並〜低めで推移.5,6月に親潮系冷水の断片的な南下が強いことから.9月以降:黒潮系暖水の波及,親潮系冷水の張出しとも沖寄りの見込みから. オキアミ,コウナゴの豊漁.6月100m深水温で1℃台が見られた
常磐南部 〜鹿島灘(茨城県沿岸;茨城水試発表) 黒潮の北偏傾向は4月中旬まで持続した.1〜2月は沿岸域に親潮系冷水が差し込み,沿岸域で低め,沖合域で高め.3〜4月は沖合から沿岸域に暖水が波及して平年並〜高め.5〜6月は親潮系冷水が南下して低め〜平年並で推移. 沖合から沿岸域に黒潮からの暖水が波及して,昇温したが,常磐南部沿岸域の下層には冷水域が存在している. 水温は沖合域を中心に高めで推移するが,常磐南部沿岸域の下層水温は低めで推移する. 近海黒潮の北限位置が平年並及び季節変動の昇温時期に当たることから,沖合域を中心に高めで推移.常磐沖の冷水域の持続及び親潮第1分枝からの新たな冷水域の南下の可能性があることから,常磐南部沿岸域の下層水温は低めで推移. 黒潮の北偏傾向が4月中旬まで持続.カタクチイワシ平成11年級群の来遊なし.浮魚・底魚とも全般的に低調.オキアミ漁場形成が不安定.春シラスが3年連続不漁.5〜6月にマダイが好漁.