祝辞


 本日、ここに、東北区水産研究所創立50周年記念式典が、多くの関係の皆様の御参加を得て盛大に挙行されますことを、皆様とともにお慶びし、一言御挨拶を申し上げます。
 御承知のとおり、東北区水産研究所は、太平洋東北沿岸海域を担当する国立水産研究機関として、昭和24年に設立されました。
 以来50年間、地元地方公共団体等関係各位の御理解と御協力を得て、黒潮、親潮および津軽暖流が複雑に混合する太平洋東北沿岸・沖合域の漁業資源、海洋環境、資源増殖等に関する数多くの研究成果をおさめられるとともに、その成果を多方面に活用・普及してこられました。
 加えて、海洋環境の保全、つくり育てる漁業の推進等に対応した組織体制の整備も行い、平成10年10月には国連海洋法条約に伴う漁獲可能量設定の基礎となる資源評価等に関する研究を強化するため混合域海洋環境部を設立するなど、常に時代の要請に的確に応えてこられました。この間に生み出された数々の研究成果は、地域の水産業のみならず、我が国水産業の発展にも大きく貢献しております。このことは、歴代所長をはじめとする皆様の御尽力の賜であり、深く敬意を表する次第であります。
 今日の我が国水産業を取り巻く厳しい環境の中で、水産業の健全な発展と水産物の安定供給に対する国民の期待は今後ますます高まっていくものと思われます。東北区水産研究所がこうした期待に応えるため、過去50年間に培ってきた研究成果をさらに発展させ、21世紀に向けての水産業の発展のため、より一層貢献されることを希望いたします。
 最後に、本日御出席の皆様及び職員の皆様の今後のご活躍と東北区水産研究所の益々の御発展を祈念いたしまして、御挨拶といたします。
平成11年9月5日
水産庁長官  中須 勇雄

Isao Nakasu

目次へ戻る

東北区水産研究所日本語ホームページへ