顕微分光光度計


形式:オリンパス ダブルビームDMSP-II型

 本器は顕微鏡的な微細資料について、その吸収スペクトルや単色光に対する吸光度を計り、試料中の吸光物質の定性的・定量的研究を行うものである。例えばノリ病葉等における細胞内容成分の変化を調べ、枯死過程やその病因の追求に使用する(550万円)。


目次へ戻る

東北水研日本語ホームページへ戻る