[漁  況]

《魚群分布》
1.季節別加入量水準(体長40mm稚魚の加入量水準)

1)秋季発生群
 各県水試等、東北水研が1997年9〜12月に行った、34゜00’〜42゜30’N、
140゜00’〜155゜00’Eの海域における仔稚魚調査から、秋季発生群の成長
ならびに加入量水準を比較した。仔稚魚の成長は1990年以降では比較的速く、
ふ化仔魚の発生量水準は中位であったが、1日当たり死亡率はやや高かった。
この結果、1997年秋季発生群の加入量水準は1996年をやや上回る程度と推定された。

2)冬季発生群
 各県水試等、南西水研、中央水研、東北水研が1998年1〜3月に行った
28゜30’〜37゜00’N、130゚〜143゚Eの海域における仔稚魚調査の結果、
黒潮域の冬季発生群は1991〜1997年と比較して、ふ化仔魚の発生量水準は
中位で、1日当たり死亡率も中程度であったが、仔稚魚の成長は速かった。
この結果、1998年冬季発生群の加入量水準は1996年および1997年を上回ると
推定された。

2.北上期の魚群分布(5〜6月)
 福島水試(いわき丸)、茨城水試(水戸丸)、東北水研による常磐・三陸沖に
おける流し刺網調査では、143゚E、148゚Eおよび157゚E付近でやや多く採集されたが、
全体に採集は少なかった。160゚E以西の海域における1反当たり採集尾数は1995〜
1997年よりも少なく、1996年の42%、1997年の27%であった。魚体は、150゚E
以西の海域では体長15〜22cmの割合が比較的高かったが、150゚E以東の沖合では
大部分が体長27cm以上であった。全体の体長組成ではモードが28cm台で、体長
26cm以上が大部分を占め、その割合は1995年以降で最も高かった。
 定置網の漁況については、静岡県では1997年11月〜1998年1月に226トン
(前年比1倍)、千葉県では4〜6月に41トン(前年比5.6倍)の漁獲があった。
また、福島県では6月前半に若干量入網した。さらに、宮城県では5〜7月に
67トン(前年比13倍)、岩手県では6〜7月に115トン(前年比3.8倍)の漁獲があった。

3.索餌期の魚群分布(7,8月)
 北水研、遠洋水研、釧路水試(北辰丸)および岩手(岩手丸)、
宮城(新宮城丸、拓洋丸)、福島の各県水試等による道東・三陸沖合に
おける魚群目視および流し刺網調査では、沖合の42゚30'〜45゚30'N、
153゚30'〜158゚30'Eの水域で比較的多く採集されたが、その他の水域での漁獲は
少なかった。流し刺網1反当たりの採集尾数は1995年以降で最も少なく、
1996年の56%、1997年の23%であった。採集物の魚体は大型魚主体であった。
また、千葉水試(房総丸)、茨城水試による道東〜択捉島沖における魚群目視、
棒受網調査では、道東沖ではまとまった魚群がみられなかったが、ロシア
200カイリ水域内の択捉島の沖合でややまとまった漁獲があった。魚体は
大型魚(体長29〜32cm)と特大魚(32cm以上)が50%以上を占め、中型魚
(24〜29cm)・小型魚(20〜24cm)・ジャミ(20cm未満)混じりであった。
 7月11日に解禁となった10トン未満船は、当初は襟裳岬〜釧路沖10〜20
カイリ付近の水温12〜14゚C台の水域で操業したが、漁況は極端に不振で
あった。8月に入り、漁場はロシア200カイリ水域内の44゚N、149゚E付近に
形成されたが漁況は低調であった。魚体は大型魚主体の中・小型魚混じりで
あった。 8月10日現在の累計水揚量は739トンで前年比20%であった。
 北上期、索餌期の魚群分布および10トン未満船の漁況の推移からみて、
160゚E以西の海域におけるサンマ魚群の分布密度は低いと推定される。


《漁況予報》
1 漁場への来遊状況
 漁期前半(10月上旬)までの漁場への来遊資源量の水準は、漁況が全般に
低調で、近年(1988年以降)で最も低い水準であった1996年を下回る。
銘柄別の来遊資源量水準は、大型魚では1996年を上回るが、中型魚、
小型魚はともに1996年を下回る。

2 魚体組成
 漁期当初は、大型魚(特大魚を含む)主体に中・小型魚混じりで漁獲される。
北上期および索餌期の調査結果では中・小型魚の割合は少なかったため、
9月に入っても大型魚主体に漁獲される。漁期の進行に伴い、中・小型魚の
割合は徐々に増加するが、主体は大型魚となる。

3 漁場位置
 索餌期の魚群分布、および10トン未満船の漁況の動向からみて、解禁当初の
漁場はロシア200カイリ水域内の色丹島沖暖水塊の北縁に形成される。
 南下期になると魚群は色丹島沖暖水塊の東西両側を南下し、また沖合の
親潮前線が例年よりもやや南偏しているため、9月に入ると漁場は道東
近海のほか沖合にも分散して形成される。その後、漁場は親潮第1分枝
沿いに移行し、襟裳岬沖から三陸近海へ次第に南下する。しかし、近海の
サンマ魚群の分布密度が低いため、沖合の親潮第2分枝沿いにも漁場が
形成される。