東北区水産研究所長の挨拶


東北区水産研究所長 板倉 茂


    東北区水産研究所(東北水研)は、豊かな漁場を有する東北の太平洋側海域に面した地域に庁舎を持ち、これらの海域における海洋環境・生態系・水産資源、ならびに重要種の増養殖技術等に関する調査・研究・開発を行っています。 私たちはこのような活動を通して、水産資源管理にかかわる最新の情報を提供するとともに、漁業者・養殖業者・水産加工業者等の皆様のニーズに的確に応え、地域の水産業の活性化に貢献し、「水産物の安定供給の確保」と「水産業の健全な発展」 の実現に向けて常に前進できるよう、より一層の努力をしてまいります。

    水産業は、我が国における重要な食料供給産業ですが、そこで利用されている生物の多くは、いわゆる「自然の恵み」と呼ばれる天然資源です。 私たち東北水研が担当している海域は、暖流(黒潮系の暖水)と寒流(親潮系の冷水)が混ざり合うことにより、植物プランクトンや動物プランクトン等を起点とした多様な生態系が形づくられ、豊かな漁場となっている海域であり、 地域の水産業にも多くの「自然の恵み」をもたらす貴重な場となっています。 東北水研を含む水産研究・教育機構では、これらの海域で長年にわたり海洋環境や水産資源のモニタリング調査を実施し、物理的・化学的・生物的な環境と水産資源との関係を徐々に明らかにしてきました。 天然資源を持続的に利用するために必要な科学的知見をさらに蓄積し最新の情報を提供するため、これらの活動を継続するとともに、重要な水産生物を効率的に生産するための増養殖技術の開発についても、継続して実施する必要があると考えています。

    また、東北水研は引き続き、水産研究・教育機構における震災復興の現地推進本部として、機構の各組織、大学・水産業試験研究機関及び行政機関等と連携・協力し、東日本大震災で被害を受けた生産現場の資源・環境の状況調査や被災県の種苗生産へ の協力など種々の活動を実施してまいります。さらに、生産現場の要請を踏まえ、震災からの水産業の復興・再生に全力で取り組むとともに、我々が研究開発した成果を最大限に活用して、がんばる水産業を応援いたします。 どうか今後とも皆様のご支援とご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。

国立研究開発法人水産研究・教育機構
東北区水産研究所 所長 板倉 茂