平成13年合同分科会

 

研究項目

 

北太平洋中層水の形成と中層循環機構の解明

(2) 北太平洋中層水の展開過程と季節・経年変動の把握

@ 定線観測及び準定線観測による把握

研究機関名

 

気象庁気候・海洋気象部

函館海洋気象台

研究参加者名

 

石川孝一 (気象庁 気候・海洋気象部 海洋気象課)

宮尾 (函館海洋気象台 海洋課)

1.第U期の目標

北太平洋中層水の形成域と考えられている本州東方海域の黒潮続流から、親潮前線、亜寒帯境界にかけての海域で、南北の複数の観測線に沿って海洋観測を実施し、北太平洋中層水の展開過程(輸送、変質過程)を把握する。

年に複数回の海洋観測と、第T期に投入したPLACEフロートによる準定点のプロファイル観測を継続し、北太平洋中層水及びその上部の表層水の季節変動の実態を把握する。

2.発表要旨

北太平洋中層水の輸送、変質過程を把握する目的から、2000年、2001年春季に本州東方海域の黒潮続流域から親潮前線、亜寒帯境界にかけての海域で、東経14230分、東経144度線、東経147度線、東経152度線、東経165度線に沿ってのCTD観測を実施した。2001年春季の観測は、他機関と共同の集中観測でもある(図1)

それぞれの観測線で、北太平洋中層水の位置する密度σ26.627.4kg/m3について、σ0.1毎に、北太平洋中層水の源である親潮水と黒潮水の混合比率の分布を求めた。また、σ26.627.027.027.4の上層、下層について、混合比率を使って、親潮水、黒潮水の流量(2000db基準の地衡流量)を求めた。

混合比率の分布から、東経144度線の混合域ではσ26.8付近に親潮水の割合が80%以上の水がいくつか見られ、一部は黒潮続流のすぐ北側に位置している。この黒潮続流のすぐ北側の親潮水の割合の大きい水は、東側の観測線においても見られる(図2)。しかし、親潮水の割合は、東に向かうにつれて小さくなり、152度線以東では親潮水の割合は約50%で、北太平洋中層水といわれる水塊になっている(図3)。流量分布から、各定線とも黒潮続流と親潮前線あるいは亜寒帯境界に沿って大きな東向流量が見られる。混合域では、暖水渦に伴い強い東向流量、西向流量が見られることもある。2001年春季の観測では、流量は黒潮続流に沿って144E18.71Sv(親潮水10.6、黒潮水8.1)、152E14.5Sv(Oy6.2Ku8.3)165E18.1Sv(Oy7.2Ku10.9)だった。その北の親潮前線、亜寒帯境界にかけては144E0Sv152E9.0Sv165E-0.1Svで、大部分の中層水は、黒潮続流に沿って東に輸送されている(図4)。第T期からのデータを使って、東経152度線、東経165度線を横切る流量の年々変動を調べた。黒潮前線に沿っての東向きの流量は、東経152度線では1418Svの範囲で変化していた(図5)。東経165度線では、1998年は9Svと小さかったが他は1218Svの範囲で変化していた(図6)

北太平洋中層水の形成過程、流量の季節変化を把握する目的から、東経14230分、東経144度線、東経147度線に沿ってのCTD観測を季節毎に実施した。1988年からの東経144度線での北太平洋中層水に占める親潮水の輸送量は、黒潮続流に沿って大きな東向流がみられることは既に述べたが、春に大きく秋に小さい季節変動が見られるが、年々変動の方が大きい。