口頭発表

秋島重樹, 鈴木亨, 永田豊, 馬場典夫, 現場用海洋データ品質管理ソフトウェアの開発. 1998年度日本海洋学会春季大会講演要旨集, p01.

網野正明,金子郁雄(1999):本州東方海域での中層水の構造と変動およびP13再観測速報.1999年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集.

Asou, T., N. Hasegawa, S. Sugimoto, Y. Nikaidou, and T. Ando(1999):Monitoring of subsurface temperature by Ships-Of-Opportunity. OCEANOBS 99, St. Raphael (France).

Awaji, T., T. Nakamura, T. Hatayama, K. Akitomo, and T. Takizawa(1998):Boundary Mixing Processes by Internal Waves in the North Pacific, 1998年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム(1998年9月30日)

Awaji, T., T. Nakamura, T. Hatayama, K. Akitomo, and T. Takizawa(1999):Bounday mixing processes by internal waves in the North Pacific. Proceedings of The International Symposium TRIANGLE '98., 145-161.

Awaji, T., T. Nakamura, T. Hatayama, K. Akitomo(1999):Tidal exchange through the Kuril Straits. In Proc. Second Workshop on the Okhotsk Sea and Adjacent Areas, PICES Sci. Rep. No. 12, Labonov, V. B., Nagata, Y. and Riser, S. C. (eds), Sidney, B. C., Canada., pp. 77-82.

淡路敏之, 中村知裕, 滝沢隆俊, 深澤理郎(1999):オホーツク海水と亜寒帯循環水との潮汐交換のメカニズム, 1999年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム(1999年9月16日)

淡路敏之, 石川洋一, 印貞治, 根田昌典, 飯田昌虎, 小守信正, 秋友和典, 美山透(1999):アジアモンスーンにともなう熱・淡水輸送過程の解明. シンポジウム『大洋域における水・熱・運動量収支の動態の研究』. 1999年度日本海洋学会春季大会講演要旨集, 290. (1999年3月27日-31日, 東京水産大学)

淡路敏之, 深澤理郎, 印貞治, 石川洋一, 中村知裕, 小守信正(2000):同化モデルから見た北太平洋の流動. 観測研究に関するシンポジウム--北西太平洋亜寒帯海域の海洋学--(その3:地球環境に果たす物質循環の役割)講演要旨集, 89-109. (2000年2月24日, 東海大学海洋学部)

淡路敏之(2001):データ同化をキーワードに, 2001年日本海洋学会春季大会

淡路敏之, 杉浦望実, 馬場金司, 増田周平, 石川洋一, 堀内一敏, 蒋勤, 畑山隆紀, 小守信正, 豊田隆寛, 中村知裕, 沈一揚, 深澤理郎, 植田勝彦(2001):変分法データ同化システムによる全球海洋循環季節変動場の再現. 2001年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集, 116. (2001年9月22日-26日, 静岡グランシップ)

馬場金司, 淡路敏之, 杉浦望実, 増田周平, 蒋勤, 沈一揚, J. Annan, 石川洋一, 小守信正 (2001):4次元変分法による海洋大循環の気候値に関するデータ同化 日本応用数理学会2001年度年会講演予稿集, 292-293. (2001年10月7日-9日, 九州大学)

広江豊, 安田一郎, 黒潮続流を通した中層水の輸送と変質. 1999年海洋学会秋季大会講演要旨, 北大水産学部(函館), シンポジウムA

広江豊, 小松幸生, 安田一郎, 並木義則, MVPによる黒潮続流での中層水観測. 2001年海洋学会秋季大会講演要旨, 東海大学(静岡), 講演番号147

深澤理郎, 風間尚, 守屋洋, 中川拓朗(1998):LADCP測流について. 日本海洋学会1997年春季大会

深澤理郎(1999):亜寒帯海域の観測研究 ねらいと成果概要 シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環の解明に向けて 第一期成果」. 日本海洋学会1999年秋季大会

深澤理郎(1999):亜寒帯海域の観測研究 -P1再観測速報概要 シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環の解明に向けて -第一期成果」日本海洋学会1999年秋季大会

深澤理郎, 渡邊朝生, 寄高博行, 中島宏幸(2000):1985年と1999年での北太平洋亜寒帯か回帰における水塊の変化−WHP-P01とWHP-P01 Revisitの比較. 日本海洋学会2000年度春季大会

深澤理郎, 中島宏幸, 吉川泰司, 三寺史夫(2000):1980年代のregime shiftに伴う亜表層水温低下の消長(2000). 日本海洋学会2000年度秋季大会

M. Fukasawa, T. Watanabe, H. Freeland and T. Kawano(2000):Bottom water warming in the western/northern North Pacific PICES2000

深澤理郎,渡邊朝生,寄高博行,中島宏幸, 1985年と1999年での北太平洋亜寒帯域における水塊の変化 −WHP-P01とWHP-P01revisitの比較(速報)−.2000年度日本海洋学会春季大会,(2000年3月)

深澤理郎, 渡邊朝生, Howard Freeland, 河野健, 仁科文子, 中島宏幸(2001):北・西部北太平洋での底層水の昇温現象. 日本海洋学会2001年度春季大会

深澤理郎, 渡邊朝生, 吉川泰司, 内田裕, 村田昌彦, 河野健(2001):P17N再観測速報(2001).日本海洋学会2001年秋季大会

K. Fujita, and Y. Nagata(1997):Does small-scale meander travel eastwards and trigger large-scale meander of the Kuroshio?. PAMS/JECSS Workshop Extended Abstracts, 9.3-9.5.

藤田弘一, 吉田昭三, 永田豊(1997):黒潮大蛇行の前駆現象としての小蛇行. 1997年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集,22.

畑山隆紀, 淡路敏之, 中村知裕, 秋友和典, 三寺史夫(1997):インドネシア通過流水の変質に関する研究(2)高いシルにおけるHydraulic transitionの形成メカニズムについての考察-1997年度日本海洋学会春季大会(1997年4月23日)

印貞治, 淡路敏之, 秋友和典, 深澤理郎, 美山透(1999):熱帯と中高緯度とを結ぶ北太平洋亜表層水輸送ルートの研究(その1). 季節変動場における解析結果, 1999年度日本海洋学会春季大会(1999年3月30日)

石川洋一, 淡路敏之, 秋友和典, Bo. Qiu(1997):変分法を用いた海洋混合層モデルのデータ同化システム(その1)スイッチ問題を含んだ1次元混合層モデルに対して, 1997年度日本海洋学会春季大会(1997年4月24日)

Ishikawa, Y., T. Awaji, and K. Akitomo(1997):Variational Data Assimilation and Its Initialization for the Shortrange Numerical Forecasting of the Surface Circulation. Proceeding of 1997 Joint Assemblies of IAMAS and IAPSO. 1997, IM11-10.

Ishikawa,Y., T. Awaji, M. Iida, T. In, and B. Qiu(1999):Estimates of Air-Sea Heat Fluxes Using the Variational Assimilation System for the1-dimensional Mixed Layer Model, Abst. of 22nd Genral Assembly of the Intrecational Union of Geodesy and Geophysics,(1999) A32-A32.

石川洋一, 淡路敏之, 飯田昌虎, 印貞治, 小守信正(1999):海洋混合層モデルに対する変分法を用いたデータ同化システム(その2)-TOGA-TAOブイデータを用いた海面熱フラックスの推定-, 1999年度日本海洋学会春季大会(1999年3月30日)

Ishikawa, Y., T. Awaji, M. Iida, T. In, and B. Qiu (1999):Estimates of Air-Sea Heat Fluxes Using the Variational Assimilation System for the 1-dimensional Mixed Layer Model. 22nd General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics.

石川洋一, 淡路敏之, 豊田隆寛, 石崎廣, 深澤理郎(2000):全球海洋大循環データ同化システムを用いた水・熱エネルギーフローの4次元解析(I), 2000年日本海洋学会春季大会

石川洋一, 淡路敏之(2000):変分法を利用した海洋物理学における4次元データ同化, 2000年応用数理学会

Ishikawa, Y, T. Awaji, and T. Toyoda(2000):A 4-Dimensional Data Assimilation System for Ocean General Circulations Using the Variational Adjoint Method, Kobe I International Symposium 2000.

石川洋一, 淡路敏之, 豊田隆寛(2001):部分海面適合座標系による自由海面モデルの鉛直高分解能化, 2001年日本海洋学会春季大会

石崎廣, 山中吾郎(1998年9月):高解像度モデルによる北太平洋のシミュレーションI −黒潮流路− . 日本海洋学会秋季大会講演要旨集

石崎廣(1999年9月):高分解能海洋大循環モデルによる亜寒帯循環の再現. 日本海洋学会秋季大会シンポジウム講演要旨集

H. Ishizaki, G. Yamanaka, and I. Ishikawa, October 1999, North Pacific Subarctic Circulation Simulated by a High-Resolution Primitive OGCM. PICES 8th Annual MeetingProgram Abstract

石崎廣, 石川一郎(2000年9月):高解像度モデルによる北太平洋のシミュレーションIII −北太平洋中層水の形成・拡散過程− . 日本海洋学会秋季大会講演要旨集

Ishizaki and I. Ishikawa, October, 2000, A Simulation of the NPIW Circulation by a High-Resolution North Pacific Ocean Model . H. PICES 9th Annual Meeting Program Abstract

石崎廣, 石川一郎(2001年3月):北太平洋中層水の形成・拡散過程(その2) −高解像度モデルによる北太平洋のシミュレーションIV−. 日本海洋学会春季大会講演要旨集

石崎廣, 石川一郎(2001年9月):北太平洋中層水の形成・拡散過程(その3) −高解像度モデルによる北太平洋のシミュレーションV−. 日本海洋学会秋季大会講演要旨集

H. Ishizaki and I. Ishikawa, October, 2001, PICES 10th Annual Meeting. Program Abstract Simulation of NPIW Circulation by High-Resolution North Pacific Ocean Model

伊東素代, 大西ゆみ子(北大・低温研), 川崎康寛(海動態研), 大島慶一郎(北大・低温研),水田元太(北大・地球環境), 深町康, 若土正暁(北大・低温研)(2001年9月):オホーツク海千島海盆に存在する時計回り渦〜1998年夏季クロモフ号・北光丸の海洋観測データを用いた解析〜. 2001年度日本海洋学会秋季大会講演要旨, 静岡.

伊東素代, 大西ゆみ子(北大・低温研), 川崎康寛(海動態研), 大島慶一郎(北大・低温研),水田元太(北大・地球環境), 深町康, 若土正暁(北大・低温研)(2002年1月):Anticyclonic Eddies in the Okhotsk Sea, AGU abstract, ハワイ.

Ito, S.(1997.12):TNFRI activity relating to SAGE. Woods Hole Oceanographic Institution special seminer.

Ito, S., T. Takayama, I. Yasuda and K. Takeuchi(1998.3):Water mass distribution and variability along 37N sections, Second workshop "Exchanges between the Subarctic and the Subtropical Gyres".

伊藤進一, 松尾豊, 横内克巳, 稲掛伝三(1998.4):黒潮続流の蛇行によるcross frontal flowとクロロフィルa分布(若鷹丸1997年5月観測航海結果). 1998年度日本海洋学会春季大会.

S. Ito(1998.12):Heat and Material Transport from the Kuroshio Extension by Meso-scale Eddies East of Japan - Recent Results from the Wakataka-Maru cruise in 1998, TYKKI meeting.

伊藤進一, 高山智美, 吉成浩志, 安田一郎, 竹内謙介, 加藤修, 清水勇吾(1999.3):37°N線における海洋構造と水・熱輸送の経年変動. 1999年度日本海洋学会春季大会.

Ito, S., O. Katoh, Y. Shimizu, T. Takayama, H. Yoshinari, K. Takeuchi, and I. Yasuda(1999.7):Interannual variability of water mass distribution and water & heat transports on 37-N observation line, IUGG99.

伊藤進一, 清水勇吾(1999.9):混合水域における中層水の構造と変質. シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環の解明に向けて−SAGE(Sub−Arctic Gyre Experiment)第I期成果−」.

吉成浩志, 安田一郎, 伊藤進一, Eric Firing, 松尾豊, 加藤修, 清水勇吾, 横内克巳, 城田清弘(1999.9):混合水域における北太平洋中層水の北上. 1999年度日本海洋学会秋季大会.

伊藤進一, 植原量行, 加藤修, 清水勇吾, 安田一郎, 高杉知, 石川孝一, 神谷ひとみ, 川崎清, 廣江豊, 小松幸生, 佐々木克之, 小埜恒夫, 三宅秀男, 倉賀野連(2000.2):OICEにおける親潮流量モニタリング. 平成11年度東北ブロック水産業関係試験研究推進会議海洋環境部会(水産海洋連絡会).

伊藤進一, 本間隆之, 高杉知, 永木利幸, 渡辺謙太郎, 須能紀之, 内山雅史, 安田一郎,清水勇吾(2000.3):1999年夏季西部亜寒帯海域の海洋構造, サンマ資源研究会議.

伊藤進一, 廣江豊, 末永洋, 鈴木大貴, 植原量行(2000.9):MVPを用いた混合域親潮分枝の精密観測. 2000年度日本海洋学会秋季大会.

Ito, S., K. Uehara, O. Katoh and Y. Shimizu(2000.10):Characteristics of altimetry SSH anomaly of TOPEX/POSEIDON on the OICE line and its relation for geopotential height anomaly and measured velocity by a mooring system. WOCE/CLIVAR Representativeness and Variability Workshop.

伊藤進一, 植原量行, 宮尾孝, 野澤清志(2001.2):OICEにおける親潮流量変動と親潮先端位置予測. 水産海洋連絡会.

Ito, S(2001.3):OICE (Oyashio Intensive observation line off Cape Erimo). The 1st workshop on the Mutsu Project.

伊藤進一, 植原量行, 宮尾孝, 野澤清志, 安田一郎, 三宅秀男, 川崎康寛, 渡邊朝生, 清水勇吾(2001.3):OICEにおけるT/P海面高度偏差の空間特性と流速・流量との対応について. 2001年度日本海洋学会春季大会, 東京大学(東京), 講演番号107

伊藤進一, 植原量行, 宮尾孝, 野澤清志, 安田一郎, 渡邊朝生, 清水勇吾(2001.9):OICE上における中層流量変動. 日本海洋学会創立60周年記念大会.

伊藤進一, 安田一郎他5名, OICEにおける中層流量変動. 2001年海洋学会秋季大会講演要旨, 東海大学(静岡), 講演番号121

岩尾尊徳(2000):MKIIIB CTDの塩分スパイク除去の裏技.2000年度日本海洋学会春季大会講演要旨集.

岩尾尊徳(2001):Hydrobaseを用いた季節変動を含んだ気候値の作成.2001年度日本海洋宇学会春期大会講演要旨集,40.

岩尾尊徳,四竈信行,遠藤昌宏,中野俊也(2001):中層フロートから得られた中層循環の平均像.2001年度日本海洋宇学会秋期大会講演要旨集.

岩田静夫(Jan., 1999):1985年〜1997年の一都三県漁海況速報データの収集について.第15回一都三県漁海況担当者会議.

岩田静夫,辻博志, 千野力, 粕谷正光, 清水顕太郎, 萩原快次, 小泉康二(8月):漁業で求められる海洋情報. 2000年度水産海洋学研究発表大会(下関). (要旨集有)

岩田静夫(12月):漁業が必要とする漁海況情報. 第54回西日本海要調査技術連絡会議(鹿児島)

Kamachi, M., T. Kuragano, N. Yoshioka and J. Zhu(2000年8月):An ocean data assimilation of satellite altimetry and ship data, International Conference on Climate and Environment Variability and Predictability.

Kamachi, M., T. Kuragano, N. Yoshioka, J. Zhu and F. Uboldi(2000年10月):An application of satellite altimetry for JMA's operational ocean data assimilation system, Oceans from Space "Venice 2000".

金子郁雄(1998):本州東方海域の中層流(SAGEより).東海大学海洋学部シンポジウム講演要旨集.

勝又勝郎, 安田一郎, 川崎康寛, 日下彰, ムシル海峡における流速の直接観測. 2000年海洋学会春季大会講演要旨, 東京水産大学(東京), 講演番号222

川崎康寛(海動態研)(2001年11月):北太平洋中層水形成におけるオホーツク海の役割-水塊変動と亜寒帯流量観測-.「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際共同研究」合同分科会, つくば.

川崎康寛(海動態研)(2001年11月):定線観測による亜寒帯水流量/水塊変動-Aライン. 「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際共同研究」合同分科会, つくば. 

木下秀樹,寄高博行,深澤理郎(1997年11月):亜寒帯観測速報. 大槌シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環域の変動と力学」.

小松幸生, 川崎清, 広江豊, 安田一郎, 伊豆海嶺を挟んだ中層水塊の南北不連続構造. 2001年海洋学会春季大会講演要旨, 東京大学(東京), 講演番号115

小守信正, 石川洋一, 秋友和典, 淡路敏之, 倉賀野連(1997):黒潮客観解析データの作成に関する研究(I)-1.5層モデルによる黒潮の短期予報-, 1997年度日本海洋学会秋季大会811997年10月8日)

Komori, N., T. Awaji, Y. Ishikawa, K. Akitomo, and T. Kuragano(1998):Short-range forecasting of the Kuroshio variability with a 11/2-layer primitive equation model. Abst. IOC/WESTPAC 4th International Scientific Symposium "Role of Ocean Sciences for Sustainable Development", 15. (Okinawa, Japan, Feb. 2-7, 1998)

Komori, N., T. Awaji, Y. Ishikawa, K. Akitomo, and T. Kuragano(1998):Short-range forecasting of the Kuroshio variability with a 11/2-layer primitive equation model. Abst. for talks and posters at the 1998 Conference of the World Ocean Circulation Experiment "Ocean Circulation and Climate", 161. (Halifax, Canada, May 24-29, 1998)

小守信正, 淡路敏之, 石川洋一, 秋友和典, 倉賀野連 (1999):黒潮客観解析データの作成に関する研究(II) --海面高度計データと二次元変分法を用いた黒潮短期変動予測実験--. 1999年度日本海洋学会春季大会講演要旨集, 21. (1999年3月27日-31日, 東京水産大学)

小守信正, 淡路敏之, 石川洋一, 秋友和典, 倉賀野連(1999):黒潮客観解析データの作成に関する研究((II)-海面高度計データと二次元変分法を用いた黒潮短期変動予測実験-), 1999年度日本海洋学会春季大会. (1999年3月28日)

Komori, N., T. Awaji, Y. Ishikawa, K. Akitomo, and T. Kuragano (1999):Dynamical initialization for short-range forecasting of the Kuroshio variabilities south of Japan. Abst. 3rd WMO International Symposium on Assimilation of Observations in Meteorology and Oceanography, 12-13. (QuebecCity, Canada, Jun. 7-11, 1999)

Komori, N., T. Awaji, Y. Ishikawa, and T. Kuragano(2000):Short-range forecasting of the Kuroshio variabilities south of Japan using the TOPEX/POSEIDON altimetric data. Abst. 2000 Western Pacific Geophysics Meeting (a supplement to EOS, Transactions, AGU, Vol. 81, No. 22), WP73. (Tokyo, Japan, Jun. 27-30, 2000)

Komori, N., T. Awaji, Y. Ishikawa, T. Kuragano, and H. Yoritaka (2000):Regional ocean state estimation for the Kuroshio south of Japan. Abst. fortalks and posters at the WOCE/CLIVAR Represent ativeness and Variability Workshop, 27. (Fukuoka, Japan, Oct. 17-20, 2000)

河野時(北海道東海大), スチーブ・ライザー(ワシントン大), 瀧澤隆俊(海技センター), 川崎康寛(海動態研)(2001年3月):若土正暁(北大・低温研), 係留観測結果から見たブッソル海峡を通しての海水交換と親潮水の形成過程. 2001年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「最新のオホーツク海研究」, 東京.

Kono, T., Riser, S. C., Takizawa, T., Kawasaki, Y., and Wakatsuchi, M.(2001):Formation processes of the Oyashio Water from the mooring observations in the Bussol' Strait. Proceedigs of the International Symposium on Atomospehere-Ocean Crysphere Interaction in the Sea of Okhotsk and the Surrounding Environment.

河野時廣,S. C. Riser, 滝沢隆俊, 川崎康寛, 若土正暁(2001):係留観測結果からみた ブッソル海峡を通しての海水交換と親潮水の形成過程. 日本海洋学会春季大会, 東京.

Kono, T., Riser, S. C., Takizawa, T., Kawasaki, Y., Wakatsuchi, M.(2002):Outflow of the Okhotsk Sea water through the Bussol’ Straitfrom the mooring observations. AGU Ocean Sciences Meeting Honolullu, Hawaii

河野時廣, 山崎秀勝, 日下彰, Fabian Wolk, 安田一郎(2002):北海道南沖におけるシアプロファイラによる親潮の乱流観測. 日本海洋学会春季大会, 東京.

河野時廣(北海道東海大), 川崎康寛(海動態研),根田昌典(京大・理)(2002年3月):起源水形成/オホーツク海太平洋海水交換と親潮への影響. シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環-SAGEの成果-」, 東京.

児島三千代, 須賀利雄, 花輪公雄, 北太平洋亜熱帯−亜寒帯移行領域における表層海洋構造,1999年度日本海洋学会春季大会,東京,1999年3月27-31日

こうけつ慎也, 安田一郎, 東塚知己, 能登正幸, 黒潮続流域における混合層の熱収支と経年変動について. 2000年海洋学会秋季大会講演要旨, 九州大学(福岡), 講演番号122

倉賀野連,蒲地政文(1997年4月):気象研同化システムの開発(II) -高度計データの利用-,日本海洋学会春季大会.

Kuragano, T. and M. Kamachi(1997年10月):Investigation of temperature and salinity fields statistically derived from TOPEX/POSEIDON Altimeter data, Symposium 'Monitoring the Oceans in the 2000s:An Integrated Approach'.

倉賀野連(1998年4月):高度計データから抽出した季節スケールの順圧変動,日本海洋学会春季大会.

倉賀野連,蒲地政文(1998年9月):海面高度変動の相関スケール,日本海洋学会秋季大会.

Kuragano, T. and M. Kamachi(1998年10月):Space-Time Scales of Eddy and Seasonal Variabilities Estimated with the TOPEX/POSEIDON Altimeter data, TOPEX/POSEIDON/Jason-1 Joint Science Working Team Meeting.

倉賀野連,蒲地政文(1999年9月):高度計データを用いた表層水温・塩分データの作成,日本海洋学会秋季大会.

Kuragano, T. and M. Kamachi(1999年10月):Statistical Conversion from Altimeter data to Subsurface temperature and Salinity Fields with Scale Decomposition, Proceedings of international conference 'OCEANOBS99'.

倉賀野連,蒲地政文,吉岡典哉(1999年11月):現業用同化システムへの高度計データの応用,ワークショップ「21世紀の衛星アルティメトリー」.

Kuragano, T. and M. Kamachi(2000年11月):Space-time scales of interannual, annual and eddy variabilities from the TOPEX sea surface height data, TOPEX/POSEIDON/Jason-1 Joint Science Working Team Meeting.

倉賀野連,蒲地政文(2001年3月):大規模及び中規模現象に伴う海面高度変動の全球時空間スケール,日本海洋学会春季大会.

倉賀野連, 杉本悟史, 吉岡典哉, 吉田隆, 蒲地政文(2001年9月9):気象庁現業用同化システムのための太平洋表層水温・塩分客観解析,日本海洋学会秋季大会.

Kuragano T., M. Kamachi(2001年12月):Ocean Analysis System in the Japan Meteorological Agency, American Geophysical Union 2001 Fall meeting.

前川陽一, 吉田昭三, 永田豊,内田誠, 森川由隆, 小池隆(March):2000年遠州灘に出現した暖水塊. 2001年度日本海洋学会春季大会(東京)

松山優治, 石戸谷博範, 北出裕二郎, 渡部勲, 岩田静夫(9月):台風3号により発生した相模湾の急潮. 2000年度海洋学会秋季大会(福岡).(要旨集有)

Y. Michida, H. Yoritaka, and T. Suzuki(February):Surface current field in the subpolar gyre of the North Pacific Ocean observed with surface drifters. The 16th International Symposium on Okhotsk Sea and Sea Ice (Mombetsu)

Michida, Y., H. Yoritaka and T. Suzuki(2001):Surface current field in the subpolar gyre of the North Pacific Ocean observed with surface drifters. 16th Symp. Okhotsk Sea & Sea Ice, Mombetsu, 2001. 2. 4-2. 8.

Michida, Y., H. Yoritaka and T. Suzuki(2001):Surface current field in the subpolar gyre of the North Pacific observed with surface drifters. DBCP Tech. Workshop, Perth, 2001. 10. 21-22.

Michida, Y., H. Yoritaka and T. Suzuki(2002):An estimation of wind-driven component in the North Pacific subpolar gyre. 17th Symp. Okhotsk Sea & Sea Ice, Mombetsu, 2002. 2. 24-2. 28.

道田豊(2002):SAGEの成果として得られた亜寒帯循環像. 2002年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環−SAGEの成果−」, 東京, 2002. 3. 31

満澤巨彦, 中村幸弘, 河野時廣(2001):十勝沖深海底観測ステーションによる深層流 変動観測.日本海洋学会春季大会, 東京.

三浦貴博,須賀利雄,花輪公雄:ベーリング海における水塊変質と循環,東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター共同利用シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環域の変動と力学」,大槌,1997年11月18-19日.

三浦貴博,須賀利雄,花輪公雄, ベーリング海における水塊変質,1998年度日本海洋学会秋季大会,京都,1998年9月25-29日.

三浦貴博,須賀利雄,花輪公雄, 北太平洋亜寒帯域における水温極小水(中冷水)の生成I,2000年度日本海洋学会春季大会,東京,2000年3月27-31日.

三浦貴博,須賀利雄,花輪公雄, ベーリング海における中冷水の生成と変動,東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター共同利用シンポジウム「北太平洋北西部とその縁辺海の水塊変動と循環」,大槌,2000年8月24-25日.

三浦貴博,須賀利雄,花輪公雄, ベーリング海における中冷水(水温極小水)の経年変動,2001年度日本海洋学会春季大会,東京,2001年3月27日-4月1日.

美山透, 淡路敏之(1997):ミンダナオ沖での海水輸送の分岐,1997年度日本海洋学会春季大会. (1997年4月23日)

美山透, B. Qiu, 淡路敏之(1998):低緯度西岸境界流によるインドネシア通過流のコントロール, 1998年度日本海洋学会春季大会. (1998年4月5日)

森川由隆,上間隆史,竹内淳一,小池隆,永田豊,井本泰司(1997):紀伊半島沖で見出された異常高塩分水. 1997年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,7.

永田豊(1997):海洋情報研究センターの紹介と異常値をもとにしたデータのquality control. 東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター報告(シンポジウム「北太平洋西部亜寒帯循環域の変動と力学」)

Nagata, Y. (July, 1998):Dense Water Formation in Coastal Polynia Region in the Northwest Shelf Region of the Okhotsk Sea. 1998 Western Pacific Geophysics Meeting Program.

永田豊(Aug., 1998):北日本の海象について.平成10年度大槌シンポジウム「北日本の気象と海象」.

永田豊, 鈴木亨, 馬場典夫, 竹内淳一, 秋島重樹(Sep., 1998):海洋調査データ品質管理ソフトウェア.平成10年度海洋調査協会技術発表会.

Nagata, Y. (Sep., 1998):The Kuroshio Water Intrusion into the Coastal Region near the Kii Peninsula. International Conference on Coastal Ocean and Semi-Enclosed Seas:Circulation and Ecology Modeling and Monitoring.

永田豊(1998):海洋研究におけるデータの役割.水路新技術講演集,Vol. 11, 1-10.

永田豊, 鈴木亨, 小熊幸子, 竹内淳一, 三宅武治, 吉村智一(Nov. 5, 1998):海洋データセットの作成・保管に際して起こりやすい誤り. 海洋調査技術学会第10回研究成果発表会講演要旨集.小熊幸子, 岩田静夫, 鈴木亨, 小泉聡子(Nov., 1998):メタデータの基本設計.海洋調査技術学会第10回研究成果発表会.

Nagata, Y., S. Iwata, T. Suzuki, S. Oguma , T. Yoshimura, H. Watanabe, and S. Takasugi (Feb., 1999):Errors in oceanic data-set often generated in data processing and in data management. The 14th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice.

永田豊(Jul.,1999):海洋データの収集・管理とその問題点.第20回海洋工学パネル「海洋調査,計測,監視」プログラム,5-14.

Nagata, Y. et al.,Ed., Proceedings of the Second PICES Workshop on the Okhotsk Sea and Adjacent Areas.PICES SCIENTIFIC REPORT No. 12, 1999(Sep., 1999)

Nagata, Y., T. Suzuki, S. Oguma, H. Watanabe, and S. Takasugi(Oct., 1999):Temperature and Salinity Distribution Characteristics in the Subarctic North Pacific, and Statistical Parameters which May be Used in a Visual Quality-Control Software. Workshop on the Application of Scientific Visualization to Marine Ecosystem Analysis, PICES 1999 Meeting. (7-17 Oct. 1999 in Vladivostok.

Nagata, Y(Nov., 1999):Temperature and Salinity Distribution Characteristics in seas around Japan, and Statistical Parameters used in a Visual Quality-Control Software. Workshop on "IODE Activities in the WESTPAC Region", ICIWP '99 Meeting. (1-4 Nov. 1999 in Langkawi, Malaysia)

永田豊, 鈴木亨(1月):海洋情報の活用と海洋情報研究センターの取組み. 第15回海洋工学シンポジウム(東京). (論文4).

Y. Nagata(February):The Okhotsk Sea and Global Climate System. The 15th International Symposium on Okhotsk Sea and Sea Ice(Mombetsu). (基調講演, 要旨集有)

永田豊(3月):海洋データの品質管理について. 海上保安庁水路部(東京).

Y. Nagata(July):Activity of Marine InformationResearch Center and Designed Quality-Control Software. Vietnam Oceanographic Dater Center at Nhatrang and its Hanoi Branch.

Y. Nagata(July):Activity of Marine Information Research Center and Designed Quality-Control Software. Philippine Oceanographic Dater Center(Manila).

永田豊(8月):三陸沿岸海域への黒潮系水の侵入について. 東京大学海洋研究所大槌シンポジウム(大槌).(招待講演).

永田豊, 小熊幸子, 鈴木亨(9月):三陸海域への黒潮系水の侵入について. 2000年度海洋学会秋季大会(福岡). (要旨集有)

Y. Nagata(November):Quality-control software designed by MIRC and determination of range parameters to be used. Special Presentations during IODE-XVI(Lisbon).

Y. Nagata, S. Oguma, T. Suzuki,and T. Miyake(November):The Activity of JODC and MIRC in JGOFS Program. Poster presentations during IODE-XVI(Lisbon).

永田豊(11):データベース構築に関する研究.平成12年度科学技術振興調整費「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際協同研究合同分科会(つくば).

永田豊(12月):海洋中の二酸化炭素の動向. 日本造船技術センター講演(東京).

Y. Nagata(January):Activity of MIRC, and Quality-Control Method applicable to Subarctic North Pacific, US NODC(Silver Spring, US)

Y. Nagata, S. Oguma, and T. Suzuki(February):Occurrence of abnormal waters in the Subarctic Pacific Ocean -An example found in the sea off Sanriku, Japan-. The 16th International Symposium on Okhotsk Sea and Sea Ice(Mombetsu)

Y. Nagata , T. Suzuki, and A. Asada(July):Animation display of ocean bottom topography near Japan. 5th World Multiconference on Systemics, Cybernetics, and Informatics and 7th International Conference on Information Systems Analysis and Synthesis(Orland)

Y. Nagata(July):On recent activities of MIRC. Lecture in NODC(Silver Spring)

Y. Nagata(August):Oceanographic data management in Japan and Activities of Marine Information Research Center (MIRC). Oceanographic Data management Workshop at SEA ATART RC of Chulalongkorn University(Bangkok).

Y. Nagata, and M. Hirao(August):Quality control software for Oceanographic Data developed by MIRC (Demonstration). Oceanographic Data management Workshop at SEA ATART RC of Chulalongkorn University(Bangkok).

永田豊, 小熊幸子(November):水温の生起分布に生じる歪と、品質管理上の問題点. 第13回海洋調査技術学会研究成果発表会(東京).

永田豊(November):データベースの構築等に関する研究(つくば)

中村知裕, 淡路敏之, 畑山隆紀, 秋友和典, 今里哲久, 滝沢隆俊(1996):クリル列島を通しての潮流による海水交換・混合過程-順圧2次元モデル-. 1996年度日本海洋学会春季大会講演要旨集, 123. (in Japanese)

Nakamura, T., T. Awaji, T. Hatayama, and K. Akitomo(1997):Tidal exchange and mixing at the Kuril Islands. Abstracts of 1997 joint assemblies of IAMAS and IAPSO., IP12mmm.

中村知裕, 淡路敏之, 畑山隆紀, 秋友和典, 滝沢隆俊, 河野時廣(1997):クリル列島の海峡で発生する内部波とそれによる海水混合の評価. 1997年度日本海洋学会春季大会講演要旨集, 146. (in Japanese)

中村知裕, 淡路敏之, 畑山隆紀, 秋友和典, 滝沢隆俊, 河野時廣(1997):クリル列島の海峡で発生する内部波とそれによる海水混合の評価, 1997年度日本海洋学会春季大会. (1997年4月23日)

Nakamura, T., T. Awaji, T. Hatayama, and K. Akitomo(1998):Topographic internal waves generated by tidal currents in the Kuril Straits and their effect on vertical mixing. Abstracts of 1998 Ocean Sciences Meeting published as a supplement to Eos, Transactions, American Geophysical Union., Vol. 79, No. 1, OS177(OS511-3).

Nakamura, T., T. Awaji, T. Takizawa, and M. Fukasawa(1999):Three-dimensionally propagating internal waves generated by a subinertial K1 tidal flow in the Kuril Straits and their effect on vertical mixing. Abstracts of 2000 Ocean Sciences Meeting published as a supplement to Eos, Transactions, American Geophysical Union., Vol. 80, No. 49, pp. 125(OS22H-10).

Nakamura, T., T. Awaji, T. Hatayama, K. Akitomo, T. Takizawa, T. Kono, and M. Fukasawa (1999):Vertical Mixing induced by Tidally Generated Internal Waves in the Kuril Straits. in Dynamics of oceanic internal gravity waves II, Proceedings of the Hawaiian Winter Workshop, P. Muller and D. Henderson (eds.), University of Hawaii, Honolulu, HI, pp. 103-115

Nakamura, T. and T. Awaji(1999):Growth mechanism of topographic internal waves generated by an oscillatory flow. Abstracts of IUGG99. A199.

Nakamura, T., T. Awaji, T. Hatayama, K. Akitomo, T. Takizawa, T. Kono, and M. Fukasawa., 1999:Vertical Mixing induced by Tidally Generated Internal Waves in the Kuril Straits. In Proc. Second Workshop on the Okhotsk Sea and Adjacent Areas, PICES Sci. Rep. No. 12, Labonov, V. B., Nagata, Y. and Riser, S. C. (eds), Sidney, B. C., Canada., pp. 83-88.

中村知裕, 淡路敏之, 秋友和典, 田中潔, 滝沢隆俊, 深澤理郎(1999):潮流によるクリル海峡での3次元的な波の発生・発達過程およびそれらが海水の輸送・混合過程に果たす役割,1999年度日本海洋学会秋季大会. (1999年9月19日)

中村知裕, 淡路敏之, 秋友和典, 田中潔, 滝沢隆俊, 深澤理郎(1999):潮流によるクリル海峡での3次元的な波の発生・発達過程およびそれらが海水の輸送・混合過程に果たす役割. 1999年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集, 148. (in Japanese)

Nakamura, T., T. Awaji, T. Takizawa, and M. Fukasawa(2000):Energy flux analysis of 3-D propagating internal waves generated by a subinertial K1 tidal flow in the Kuril Straits and their effect on vertical mixing. Abstracts of 2000 Western Pacific Geophysics Meeting published as a supplement to Eos, Transactions, American Geophysical Union., Vol. 81, No.22, pp. 71 (OS31B-04).

中村知裕, 淡路敏之, 滝沢隆俊, 川崎康寛(2000):潮流によるクリル海峡での3次元的な海水輸送・混合過程. 潮流による長周期輸送が果たす役割. 2000年度日本海洋学会季大会講演要旨集, 146.

中島宏幸,深澤理郎,寄高博行, 1985年と1997年の47N鉛直断面の比較.1999年度日本海洋学会秋季大会,(1999年9月)

仁科文子, 深澤理郎, 唯根朋哉, 中島宏幸, 風間尚, 守屋洋(1998):四国沖の黒潮今日流域でのLADCP速流の結果. 日本海洋学会1998年度秋季大会

能登正幸, 安田一郎, 1987/1988年の黒潮・黒潮続流域の漂流実験. 1999年海洋学会秋季大会講演要旨, 北大水産学部(函館), 講演番号161

能登正幸, 安田一郎, 歴史的海上気象資料を用いた北太平洋の冬季海面水温変動. 2000年海洋学会秋季大会講演要旨, 九州大学(福岡), 講演番号111

小熊幸子, 山中吾郎, 須賀利雄, 花輪公雄, 北太平洋におけるフロン分布と海洋循環の関係-特に30N、24N断面に出現したコアに着目して-. 1998年度日本海洋学会春季大会要旨集, 152.

小熊幸子, 鈴木亨, 永田豊(Aug., 1998):海洋データの品質管理プログラムの開発とその混合水域への適用. 平成10年度大槌シンポジウム「北太平洋亜寒帯域およびその周辺海域の循環と水塊過程」.

小熊幸子, 小泉聡子, 鈴木亨, 三宅武治, 岩田静夫, 永田豊, メタデータの基本設計とその問題点. 1998年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集, 312.

熊幸子, 鈴木亨, 永田 豊,渡辺秀俊, 山口初代, 高杉知, 花輪公雄(Jun., 1999):統計値を用いた海洋データの品質管理と問題点 -三陸沖混合域を中心に-.平成11年度日仏海洋学会学術研究発表会.

Oguma, S., G. Yamanaka, T. Suga, and K. Hanawa(Jul.,1999):Interpretation for the Formation of CFCs maximum in the North Pacific. IUGG 1999 IAPSO Symposium P12. Global Water Mass Analysis (18-31 July 1999 in Birmingham)

小熊幸子,鈴木亨,永田豊,高杉知,渡辺秀俊,山口初代,花輪公雄(Sep., 1999):三陸沖における水温・塩分の分布特性と品質管理 -I.レンジ検定に用いる範囲の決定-. 1999年度日 本海洋学会秋季大会要旨集,p3(103)

S.Oguma, Y. Nagata, T. Suzuki, T. Yoshimura and H. Watanabe and S. Takasugi(February):Distribution Characteristics of temperature and salinity in the subarctic North Pacific, and statistical parameters which would be used in a visual quality-control software (Mombetsu). (要旨集有)

S. Oguma, T. Suzuki,and T. Miyake(February):The Activity of JODC and MIRC in JGOFS Program. International Symposium on Carbon Cycle in the North Pacific(Nagoya).

小熊幸子, 鈴木亨, 岩田静夫, 永田豊,吉村智一, 松山優治(3月):沿岸水位による流れの分類と本州南岸の海流統計. 2000年度日本海洋学会春季大会(東京). (要旨集有)

小熊幸子, 鈴木亨, 永田豊,渡辺秀俊, 山口初代, 高杉知(8月):三陸沿岸域海況の季節変化について. 東京大学海洋研究所大槌シンポジウム(大槌).

S. Oguma, K. Goto, M. Ishii, T. Miyake, A. Murata, Y. Nojiri, T. Ono, T. Saino, F. Shimano, T. Suzuki, S. Tsurushima, S. Watanabe, and Y. W. Watanabe(October):Inventory for Japanese Chemical Oceanographic Data (IJCD). North Pacific Co2 Data Synthesis Symposium(Tsukuba). (要旨集有)

S.Oguma(January):US NODC (Silver Spring, US) Status of Japanese data inventories. PICES CO2 Data Integration Test Workshop(Sidney, Canada)

S.Oguma(January):Japanese inventory system for archiving CO2 related data. -present status-. US NODC(Silver Spring, US)

小熊幸子, 鈴木亨,野尻幸宏, 鶴島修夫, 今井圭理, 島野富士雄, 江頭(March):KNOT時系列観測データベースの作成と運用. 2001年度日本海洋学会春季大会, シンポジウム「亜寒帯太平洋の生物地球化学観測- KNOT定点観測と周辺海域」(東京)

小熊幸子, 鈴木亨, 永田豊(August):亜寒帯海域における水温・塩分分布の歪について. シンポジウム「北太平洋北西部とその縁辺海の水塊変動と循環」, 東京大学海洋研究所臨海研究センター(大槌)

S. Oguma, and Y. Nagata(August):Seasonal variations in the sea off Sanriku Coast, Japan, and abnormal water intrusion. Fifth IOC/WESTPAC International Science Symposium(Seoul).

小熊幸子, 鈴木亨, 永田豊(September):亜寒帯海域における水温の生起頻度分布の歪について. 2001年度日本海洋学会秋季大会(創立60周年記念大会). (静岡)

I. M. Radjawane, Masaji Matsuyama and Toru Suzuki (Apr.,1999):Modeling of Density Driven Current in Tokyo Bay, Oceanology International 1999 Pacific Rim. (27-29 April 1999 in Singapore)

四竈信行,岩尾尊徳,遠藤昌宏,中野俊也(2001):新たに開発した等密度追従型中層フロートの追跡.2001年度日本海洋宇学会秋期大会講演要旨集.

四竃信行,岩尾尊徳,金子郁雄(2000):中層フロートによる西部亜寒帯域の中層循環観測.2000年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集.

四竈信行,寄高博行, 亜寒帯でのラグランジュ測流(1999年9月):シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環の解明に向けて」.

四竃信行,寄高博行(1999):亜寒帯でのラグランジュ測流.1999年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集.

清水勇吾, 安田一郎, 伊藤進一(1997.10):親潮第1分枝に沿った北太平洋中層水の流速構造について. 1997年度日本海洋学会秋季大会.

清水勇吾, 安田一郎, 伊藤進一(1998.8):東北沖中層における親潮水の分布と循環. 1998年度水産海洋学会研究発表大会.

清水勇吾, 安田一郎, 伊藤進一(2000.3):東北沖で見られた2種類の冷水渦とその起源の考察. 2000年度日本海洋学会春季大会, 東京水産大学(東京), 講演番号230

Shimizu Y., I. Yasuda and S. Ito(2000.10):Distribution and circulation of the coastal Oyashio intrusion, WOCE/CLIVAR Representativeness and Variability Workshop.

清水勇吾, 安田一郎, 奥田邦明, 花輪公雄, 伊藤進一(2001.3):NPIW起源水のADCP基準地衡流量について. 2001年度日本海洋学会春季大会, 東京大学(東京), 講演番号113

Suga, T., Decadal-to-interdecadal variability of upper and intermediate water masses in the North Pacific, 1997 Joint Assemblies of IAMAS and IAPSO, Melbourne, Australia, July 1-9, 1997.

須賀利雄, 中緯度太平洋における上層海洋の大規模変動,東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター共同利用シンポジウム「日本周辺の北西太平洋を中心とするグローバルな大気海洋相互作用」,大槌,1997年11月17-18日.

Suga, T., North Pacific Central Mode Water, Second Workshop, Exchange between the subarctic and subtropical gyres, Shiogama, Japan, March 23, 1998.

須賀利雄,水塊の定量的取り扱いについて(レビュー),東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター共同利用シンポジウム「北太平洋亜寒帯域およびその周辺海域の循環と水塊過程」,大槌,1998年8月19-20日.

須賀利雄,A. M. Macdonald, 等密度面平均による北太平洋の海洋気候値データ:North Pacific HydroBase,1998年度日本海洋学会秋季大会,京都,1998年9月25-29日.

Suga, T., North Pacific mode waters, Their climatology and variability, The International Symposium TRIANGLE98, Kyoto, Japan, September 29-October 2, 1998.

須賀利雄,北太平洋における大規模大気海洋相互作用,日本気象学会1998年度秋季大会シンポジウム「大気と海洋 -地球温暖化をめぐって- 」,仙台,1998年10月21日.

須賀利雄,等密度面気候値データセットによる亜寒帯循環像,1999年度日本海洋学会秋季大会シンポジウムA「北太平洋亜寒帯循環の解明に向けて -SAGE(Sub-Arctic Gyre Experiment)第I期成果- 」,函館,1999年9月16日.

Suga, T., Long-term variations of surface and intermediate water masses in the North Pacific and their implications to climate change, International Conference on the International Oceanographic Data & Information Exchange in the Western Pacific (IODE-WESTPAC) 1999 (ICIWP99), Langkawi, Malaysia, November 1-4, 1999. 

須賀利雄,花輪公雄,北太平洋中央部・東部におけるサブダクション過程の解明/北太平洋中央部亜熱帯亜寒帯境界域の海洋構造と循環の解明,東京,1999年11月9-10日.

須賀利雄,元木一成,青木芳和,北太平洋における冬季混合層の厚さ・海水特性分布,東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター共同利用シンポジウム「北太平洋北西部とその縁辺海の水塊変動と循環」,大槌,2000年8月24-25日.

須賀利雄,元木一成,青木芳和,北太平洋の冬季混合層,2000年度日本海洋学会秋季大会,福岡,2000年9月26-30日.

須賀利雄,元木一成,青木芳和,北太平洋のモード水形成域,日本海洋学会創立60周年記念大会,静岡,2001年9月22-26日.

杉本悟史, 安藤正, 渡邊朝生(1999):北太平洋表層・亜表層水温の季節、経年変動.1999年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環の解明へ向けて-SAGE(Sub-Arctic Gyre Experiment)第I期成果-」, 函館

杉本悟史, 吉田隆(2001):北太平洋亜寒帯域の表層水温の経年変動.2001年度日本海洋学会秋季大会, 清水.

鈴木亨, 松山優治, 長島秀樹(1997):東京湾における近慣性内部振動.1997年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集,213.

鈴木亨, 竹内淳一, 吉村智一, 永田豊(May, 1998):海洋データに現れやすいエラー<現場用品質管理ソフトウェアーの開発のために>. 平成10年度日仏海洋学会学術研究発表会.

鈴木亨, 小熊幸子(July, 1998):海洋データの品質管理とその問題点. 平成10年度海洋若手会夏のセミナー.

鈴木亨, 秋島重樹, 永田豊(Nov., 1998):MIRC QCソフトウェアについて.海洋調査技術学会第10回研究成果発表会.

Suzuki, T. (Dec., 1998):Development of Quality Control Software for Multibeam Survey Data. 27th Joint Meeting, UJNR Sea-Bottom Surveys Panel.

Suzuki, T. (Feb., 1999):Development of quality control software for multi-beam survey data. The 2nd MIRC International Data Management Workshop.

鈴木亨, 小熊幸子, 岩田静夫, 永田豊,吉村智一, 松山優治(Mar., 1999):品質管理された水産試験研究機関データの解析 -黒潮大蛇行期における本州南方沿岸の水温上昇-.1999年度日本海洋学会春季大会要旨集,118

鈴木亨, 小熊幸子, 永田豊,吉村智一, 松山優治(Jun., 1999):黒潮流路の変化と本州南方沿岸の水温変動との関係について.平成11年度日仏海洋学会学術研究発表会.

Suzuki, T., Y. Nagata, and T. Miyake(Jul.,1999):Archive and Quality Control of the Oceanographic Data taken by Japanese Agencies of Fisheries Field. International GOGAR Review Conference. (12-15 July 1999 in Silver Spring)

Suzuki, T., Y. Nagata, and T. Ogishima(Jul.,1999):New Dataset of Zooplankton Biomass in the Western North Pacific Ocean 1951-1990 --ODATE Collection--. International GOGAR Review Conference. (12-15 July 1999 in Silver Spring)

Suzuki, T., Y. Yano, Y. Nagata, A. Asada, S. Sato, and T. Ueki(Jul.,1999):Quality Control and Management of Multi-Beam Echo Sounder Data. The 1999 IUGG Workshop on Bathymetry and Coastal-Topography Data Management. (July 28, 1999).

Suzuki, T., S. Akishima, T. Miyake, and Y. Nagata(Oct., 1999):Quality Control Software which is Easily Applicable to Oceanographic Data Processing in Data Originators. Workshop on the Application of Scientific Visualization to Marine Ecosystem Analysis, PICES 1999 Meeting. (7-17 Oct. 1999 in Vladivostok)

Suzuki, T., S. Akishima, T. Miyake, and Y. Nagata(Nov., 1999):Quality Control Software which is Easily Applicable to Oceanographic Data Processing in Data Originators. Workshop on the Application of Scientific Visualization to Marine Ecosystem Analysis, ICIWP '99 Meeting. (1-4 Nov. 1999 in Langkawi, Malaysia)

T.Suzuki, A. Asada, S. Oshima, F. Suzuki and S. Hirota(August):High Spatial Resolution and three-dimensional walk-through panoramic animation for topography around Japan. Sea Bottom Surveys Panel 29th Meeting of U.S.-Japan Cooperative Program in Natural Resources (Hawaii).

鈴木亨, 小熊幸子,吉村智一, 永田豊(9月):MIRC Ocean Dataset 2000. 2000年度海洋学会秋季大会(福岡). (要旨集有)

T. Suzuki, K. Goto, M. Ishii, T. Miyake, A. Murata, Y. Nojiri, S. Oguma, T. Ono, T. Saino, F. Shimano, S. Tsurushima, S. Watanabe, and Y. W. Watanabe(October):Metadata for CO2 and related oceanographic data in Japan. North Pacific CO2 Data Synthesis Symposium (Tsukuba). (要旨集有)

T. Suzuki and S. Oguma (October):MIRC Digital Products for Marine Science and Technology. Electronic Poster Session of TCODE/PICES(Hakodate)

鈴木亨, 小熊幸子, 永田豊, 吉村智一(11月):MIRC版海洋データベースの作成. 海洋調査技術学会第12回研究成果発表会(東京).(要旨集有)

鈴木亨(11月):表層循環変動と吹送流評価に関する解析研究I. 平成12年度科学技術振興調整費「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際協同研究合同分科会(つくば).

鈴木亨(August):日本海の海底地形 -富山湾付近を中心に-. 2001海洋情報シンポジウム「日本海の環境を考える -この美しい海をまもるのは私たち-. (富山)

鈴木亨,浅田昭, 永田豊(November):高度水深データを用いてパノラマ画像化した日本周辺の海底地形. 第13回海洋調査技術学会研究成果発表会(東京).

鈴木亨(November):ADCPによる表層循環.平成13年度SAGE合同分科会(つくば)

竹内淳一, 石倉勇, 内田誠, 森川由隆, 小池隆, 永田豊(1997):潮岬周辺の微細海況. 1997年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,226.

竹内淳一, 本多直人, 森川由隆, 小池隆, 永田豊(1997):紀伊半島南西沿岸沿いの振り分け潮. 1997年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,227.

J. Takeuchi and Y. Nagata(1997):Bifurcation current found along the southwest coast of the Kii Peninsula. PAMS/JECSS Workshop Extended Abstracts, 6.15-6.17.

竹内淳一, 森川由隆, 内田誠, 前川陽一, 百瀬修, 嘉本英夫, 永田豊(1997):振り分け潮の構造と変動. 1997年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集,26.

竹内淳一, 永田豊(1997):紀伊半島南西岸の振り分け潮.第27回南海・瀬戸内海調査技術連絡会議事録

J. Takeuchi and Nagata, Y. (Sep., 1998):The Interaction between the Kuroshio Water and Coastal Water off the Kii Peninsula. 9th Physics Estuaries and Coastal Seas (PECS).

建部洋晶, 安田一郎, 黒潮続流定常蛇行路の谷における海面高度の年変動について. 1999年海洋学会秋季大会講演要旨, 北大水産学部(函館), 講演番号126

建部洋晶, 安田一郎, Kruzenshterna海峡南方における渦について. 2000年海洋学会秋季大会講演要旨, 九州大学(福岡), 講演番号P11

植原量行, 安田一郎他11名, 襟裳岬沖親潮集中観測線における係留系観測の展望. 2000年海洋学会秋季大会講演要旨, 九州大学(福岡), 講演番号141

上野洋路, 安田一郎, 北太平洋亜寒帯域の中暖水形成における循環境界を横切る流れの役割. 1999年海洋学会秋季大会講演要旨, 北大水産学部(函館), 講演番号318

上野洋路, 安田一郎, 北太平洋亜寒帯海域の中暖水(水温極大水)形成−インバース法を用いた解析. 2000年海洋学会秋季大会講演要旨, 九州大学(福岡), 講演番号P03

上野洋路, 安田一郎, 北太平洋亜寒帯海域の中暖水形成−等密度面を横切る流れの見積もり. 2001年海洋学会秋季大会講演要旨, 東海大学(静岡), 講演番号131

内田誠, 竹内淳一, 森川由隆, 前川陽一, 百瀬修, 小池隆, 永田豊(Mar., 1999):振り分け潮の構造とその時間変化.1999年度日本海洋学会春季大会要旨集,119.

内田裕, 深澤理郎(2001):太平洋47Nでの底層水の昇温について. 日本海洋学会2001年秋季大会

植原量行, 伊藤進一, 加藤修, 清水勇吾, 高杉知(2000.3):襟裳岬沖親潮集中観測線上の係留系による実測流と、T/P海面高度データ及びCTD観測データから計算された流れとの比較. 2000年度日本海洋学会春季大会.

植原量行, 伊藤進一, 渡邊朝生, 清水勇吾, 加藤修, 津田敦, 川崎康寛, 日下彰, 石川孝一, 熊谷正光, 三宅秀男, 安田一郎, 野澤清志(2000.9):襟裳岬沖親潮集中観測線(OICE)における係留系観測の展望. 2000年度日本海洋学会秋季大会.

Uehara, K., S. Ito, O. Katoh, Y. Shimizu and S. Takasugi(2000.10):Comparison of the measured flows by the mooring system with the calculated flows by TOPEX/POSEIDON sea-surface height anomaly and the CTD observations on the OICE. WOCE/CLIVAR Representativeness and Variability Workshop.

植原量行, 伊藤進一, 野澤清志, 宮尾孝, 渡邊朝生, 清水勇吾(2001.3):OICEを横切る中層(26.6-27.4σθ)の流量. 2001年度日本海洋学会春季大会.

植原量行,伊藤進一,三宅秀男(2001.9)OICE上における係留流速観測の結果−I.日本海洋学会創立60周年記念大会.

Watanabe, T. and K. Mizuno, Decadal changes in the structure of the upper ocean in the North Pacific, 1997 JOINT ASSEMBLIES of IAMAS & IAPSO. (1997年7月)

渡邊朝生, 水野恵介, 岡崎誠:西部亜寒帯循環の長期変動, 1997年度日本海洋学会秋季大会. (1997年10月)

渡邊朝生, 水野恵介, 岡崎誠, XCTD観測試験(続報), 1997年度日本海洋学会秋季大会. (1997年10月)

渡邊朝生, 水野恵介, 北太平洋中高緯度の表層水温の長期変動, 観測研究に関するシンポジウム. (1998年3月)

Watanabe, T., K. Mizuno, M. Okazaki and H. Yoritaka, Results of in-situ XCTD/CTD comparison tests, WOCE Conference. (1998年5月)

渡邊朝生, 西部亜寒帯循環の10年周期変動, 第30回北洋研究シンポジウム. (1999年1月)

渡邊朝生,寄高博行,深澤理郎, P1再観測速報(物理).シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環の解明に向けて」.(1999年9月)

渡辺秀俊,山口初代,小熊幸子,鈴木亨,永田豊,高杉知,花輪公雄(Sep., 1999):三陸沖における水温・塩分の分布特性と品質管理 -II.標準層への諸量の内挿法について-1999年度日本海洋学会秋季大会要旨集,p4(104)

渡辺秀俊, 山口初代, 小熊幸子, 鈴木亨, 永田豊(Nov., 1999):海洋データセット作成・管理に際して発生し易い誤りとその原因 -II. 岩手県水産技術センターの事例と重複データの取り扱い-.平成11年度海洋調査技術学会.

渡邊朝生, 福若雅章, 石田行正, 岡崎誠, 稲掛伝三, 水野恵介, 亜寒帯循環域におけるサケマス調査定線での海洋観測, 2001年度日本海洋学会秋季大会. (2001年9月)

渡邊朝生, 末吉惣一郎, 岩見田慎也, 深澤理郎, 関本道夫, 稲掛伝三, 北太平洋横断XCTD観測結果, 第5回みらいシンポジウム.(2001年12月)

渡邊朝生, 須賀利雄, 深澤理郎, 稲掛伝三, 西部亜寒帯循環南縁部で観測された低渦位水について, 2002年度日本海洋学会春季大会.(2002年3月)

山隆紀, 淡路敏之, 中村知裕, 秋友和典, 三寺史夫(1997):インドネシア通過流水の変質に関する研究 -(2)高いシルにおけるHydraulic transitionの形成メカニズムについての考察-1997年度日本海洋学会春季大会. (1997年4月23日)

矢野雄幸(Nov., 1999):潮汐調和定数の変動について.平成11年度海洋調査技術学会.

Yasuda I., S. Ito and Y. Shimizu(1997.10):Cold-core anti-cyclonic eddies east of the Bussol' strait. PICES sixth annual meeting.

I. Yasuda, North Pacific Intermediate Water in the Kuroshio-Oyashio Interfrontal zone. Vladivostok, Russia, PICES 8th annual meeting, Oct. 13, 1999(招待講演)

I. Yasuda, T. Tozuka, M. Noto, and S. Kouketsu, Heat balance and regime shifts of the mixed layer in the Kuroshio Extension., Western Pacific Geophysical Meeting, American Geophysical Union, Tokyo, Japan, 26 July, 2000. (招待講演)

I. Yasuda and M. Noto, Variations of the Japanese sardine and SST in the Kuroshio Extension. In International Historical Data Workshop, Nov. 28-29, 2000, at Japan Meteorological Agency, Tokyo, Japan (招待講演)

I. Yasuda, S. Kouketsu, K. Katsumata, M. Ohiwa, Y. Kawasaki and A. Kusaka, Influence of intermediate Okhotsk Sea water on the Oyashio and North Pacific Intermediate Water. AGU-Ocean-science meeting abstract, February 11-15, Honolulu.

吉田隆, 杉本悟史(2001):北太平洋亜寒帯域の表層水温の経年変動(1961-1999).2001年度日本海洋学会春季大会, 東京.

吉川裕, 秋友和典, 淡路敏之(1999):外洋型の深い対流に伴う底・深層水形成に関する研究(II)-対流と傾圧不安定波の相乗効果による強い下降流の形成-, 1999年度日本海洋学会春季大会(1999年3月30日)

吉村智一, 竹内淳一, 鈴木亨, 岩田静夫, 永田豊, 三宅武治, 海洋データに現れやすい基本的なエラーの検出と修正-和歌山県水産試験場のケースを中心に-. 1998年度日本海洋学会春季大会講演要旨集、244.

吉成浩志, 安田一郎, 他7名, 混合水域における北太平洋中層水の北上. 1999年海洋学会秋季大会講演要旨, 北大水産学部(函館), 講演番号P24

吉成浩志, 安田一郎, 池田元美, 伊藤進一, Eric Firing, 松尾豊, 加藤修, 清水勇吾(2001.9):LADCPデータの客観解析に基づく37°N線を横切る北太平洋中層水の南北流量. 日本海洋学会創立60周年記念大会.

吉成浩志,安田一郎他6名, LADCPデータの客観解析に基つく北緯37度を横切る北太平洋中層水の南北流量.2001年海洋学会秋季大会講演要旨,東海大学(静岡),講演番号104

寄高博行,中村啓美,及川幸四郎,木下秀樹,深澤理郎,風間尚, 1985年と1997年の47N鉛直断面の比較(その2).1999年度日本海洋学会秋季大会,(1999年9月)

寄高博行,工藤宏之, 北太平洋亜寒帯域における表層循環の季節変動.日本海洋学会創立60周年記念大会. (2001年9月)

寄高博行, 倉賀野連, 蒲地政文, 鈴木亨, 道田豊(2002):表層循環の構造とその季節変動. 2002年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「北太平洋亜寒帯循環−SAGEの成果−」,東京,2002. 3. 31.