平成11年度第2回「モデル化及びデータ管理」分科会

議 事 録


<日時・場所>

 日時:平成11年9月22日 14:00より17:45まで

 場所:水路部6階会議室

<出席者>

 

(分科会委員)

遠藤昌宏分科会主査(海洋科学技術センター)、石崎 廣(気象研)、杉ノ原 伸夫(東京大学)、須賀利雄(東北大学)、永田 豊(日本水路協会海洋情報研究センター)、深沢 理郎(東海大学)、吉岡 典哉(気象庁)、寄高博行(水路部)、高芝 利博(水路部JODC)

 

(欠席委員)

佐々木克之(中央水研)、滝沢 隆俊(海洋科学技術センター)、安田 一郎(東京大学)、

渡邊朝生(遠洋水研)、道田 豊(水路部)

(オブザーバー)

佐藤敏(海洋情報課)

 

(事務局:海洋情報課)

高芝(委員兼務)、溝部

 

<議事概要>

 

1.議事録確認

 事務局(高芝)より前回議事録案についての意見等を求めたところ特段の意見なく了承された。

但し、別紙日程中「研究成果資料」修正分提出期限は、幹事会の意見を受け9月30日必着と

修正された。

 

  1. 評価書作成注意点について

高芝委員から評価書の書式等について説明が行われた。

 する。

(ワープロについては、ワードVer7,一太郎Ver6.3以下その他書式等指定されたものに統一する)

 ・図表等を付ける場合は、2〜5枚の範囲で付ける。

 

 

 

各課題について担当委員より自己評価の説明が行われ意見交換が行われた。本日の意見等を基に手直しを行い評価WG、研究評価小委員会へ提出する資料を作成することとなる。

 

  • その他

    ・遠藤主査より、第T期では数値モデルは開発段階ということで第4分科会にデータ関連部門を集約していたが、それぞれ開発を終え第Uでは観測データとの検証・相互比較のフェイズに入る。このため幹事会での議論では第4分科会に属してた数値モデルの課題はぞれぞれ最も関連性の深い分科会に発展的に分散させることになった。

      U期以降の事務局について原案では、課題1.は水路部、2.は気象庁、3.中央水研、

     4.には特別な事務局は設けない案となっているが、最終的には推進委員会に諮り決める

     こととする。

    でその事務局を設けてもよいとの提案がなされ、その方向で推進委員会へ案を出す方向に

    なった。

     

     

    以 上