科学技術振興調整費「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際共同研究」
WG1(平成13年度第1回)議事録

 


日時:平成131012日(月)13:30-18:00

場所:海上保安庁水路部7階中会議室

出席者:道田(海洋研/主査)、杉本(気象庁)、深澤(JAMSTEC)、稲掛(遠水研)、須賀(東北大)、羽角(CCSR)、倉賀野(気象研)、淡路(京都大)、遠藤・中野(気象研)、渡邊・伊藤(東北水研)、松本(文科省)、寄高(水路部)



主な議事:平成13年度研究進捗状況、平成13年度研究予定

 

(冒頭)

道田:1029日に推進委員会、112628日に合同分科会がある。進捗状況の報告と当面のまとめを行いたい。WGとしてのまとめも要請されている

 

1-1       表層水温変動(杉本/気象庁)

杉本:TRANSPAC_XBTは来年途中までしか持たない。水温解析は40年分の客観解析値を作って進めている。

道田:今後の解析の進め方は?

杉本:大気の各indexと比較していきたい。また海洋の20Nの変動との関連も引き続き調べる。

渡邊:結局90年代終わりのジャンプはあったのか?

杉本:大気にもあったと聞いているので、あったと思っている。

渡邊:SOI、本州東方の黒潮の北偏、オホーツク海海氷、ベーリング海、千島列島沿いなど様々な場所に異常なシグナルが出ている。

遠藤:ヒートコンテントで調べているか?

杉本:まだ。

深澤:シグナルの伝播とジャンプの関係を知りたい。

 

1-2-1       漂流ブイ(寄高/水路部)

寄高:亜寒帯海流域の東西流季節変動はSverdrup輸送の地衡流成分とEkman流の合成の変動と対応している。また空白域に漂流ブイ30個をまいて貰った。

遠藤:シミュレーションとの比較、アシミレーションへの取り込みを考えて欲しい。

淡路:現段階では吹送流を分解できる鉛直分解能ではない。

 

1-2-2       ADCP、吹送流(道田/海洋研)

道田:(MIRC分)まだエラーも残っているが、QCを掛けたADCPのメッシュデータができた。解析はこれから。

道田:(海洋研分)ドローグ無しの漂流ブイデータから吹送流を差し引いたらそれらしい循環になったが、ドローグ付きの漂流ブイデータから吹送流を差し引いたら北向きが強く出る。摩擦深度が深すぎるかもしれない。衛星海面高データとも比較して見積もり直す。

 

1-3-1       中深層水塊(深澤/JAMSTEC

深澤:P17の再観測を行った。やはりアラスカ循環にも中冷水が見られた。47N線の底層水温上昇はポテンシャル水温1.2度以下の水の量は同じだが、そのうち1.1度以下の水が減っているためとわかった。オーバーターンへの寄与という意味で中冷水(ポテンシャル密度26.5)からNPIWの6割を占める西部亜寒帯循環の中層水(26.8)への移行に注目している。

 

1-3-2 表層・亜表層水塊(稲掛・渡邊/水研)

渡邊:これまでの観測データをまとめ、中冷水の経年変動に着目している。

 

1-3-2表層・亜表層水塊(須賀/東北大)

須賀:中央モード水と中冷水の形成域を気候値から抽出した。今後は定線等の時系列データを集めて解析したい。

 

1-4化学トレーサー(渡辺/資環研)

道田:ペンディング。

 

1-4診断モデル(羽角/CCSR

羽角:水平分解能を1/6度(東西1/4度)にしたら黒潮離岸が現実的になった。三陸沖に暖水渦が残るのは風データの問題と思う。

深澤:表面塩分は何で決めているのか?

羽角:フラックスを与えているが、気候値に緩やかに(200日程度)復元している。

 

1-5同化モデル(倉賀野/気象研)

倉賀野:衛星海面高から求めた水温・塩分を同化している。天王海山列の東側に冬季だけ反時計回りの循環ができる。

須賀:気候値にも同様に見られる。

 

1-5同化モデル(淡路/京都大)

淡路:アジョイントを進めている。Levitusの気候値を使ってもうコストが下がらないところまで来た。水温・塩分に合うように流れが変わり、流れを変えるために風応力を調整しているのがメイン。

遠藤:熱フラックスも変えられるか?

淡路:風応力の変化を小さくすれば変わるが、遠回りになる。

須賀:二重拡散は解析できないか?

淡路:鉛直分解能の限界を超えていると思う。

 

(その他)

道田:このWGとしては、3次元的な流速の基本構造を把握することと、110年スケールの変動を記述することができると思うが、1つのストーリーというのは難しい気がする。

深澤:まず複数の課題で連携できるところは連携して成果を出そう。間もなくJOの特集号の編集が始まるので、皆さん執筆を。

松本:来年度の評価はGPS気象学、Archean Parkと一緒になる。分野外の人が多いので、わかりやすくポイントを絞った提示が良いと思う。

 

(以上)