合同分科会プログラム

--------------------------------------------------------------------

 

 

平成13年度科学技術振興調整費「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する

国際共同研究」合同分科会

 

日時:2001年11月26ー28日

場所:つくば国際会議場(http://www.epochal.or.jp/index.html)

事務局:気象庁気象研究所  石崎広(TEL: 0298-53-8653 FAX: 0298-55-1439)

    E-mail: hishizak@mri-jma.go.jp)

 

合同分科会趣旨:

WG毎のとりまとめ方針の検討/確認

SAGE研究成果の集約

SAGE全体の取りまとめ方針の検討/確認

課題間/WG間の連係による成果の創出

 

プログラム

 

11/26 13ー13:30  オープニング(大会議室102)

                  趣旨説明  花輪公雄推進委員長

                  事務局から  石崎広

 

      13:30ー18:15(4時間45分)  全体会議1(各研究項目の発表)

 

      13:30-16:15 WG1 北太平洋亜寒帯循環の構造と変動の解明

                  座長  道田豊

 

      13:30-13:40 ドリフターによる表層循環(水路部 寄高)

      13:40-13:50 吹送流成分の評価(海洋研 道田)

      13:50-14:05 ADCPによる表層循環(MIRC 鈴木)

      14:05-14:30 同化モデルによる循環像(気象研 倉賀野)

      14:30-14:45 表層水温の長期変動(気象庁 杉本)

      14:45-15:15 表層、亜表層の海洋構造変動(水産研 稲掛、渡辺) 

              須賀さん不在のため、須賀さんの結果も含めて

      15:15-15:25 深層の変化(海洋セ 深澤;道田が代理で紹介)

      15:25-15:40 化学トレーサーによる循環像(産総研 鷲見、北大 渡辺)

      15:40-15:55 モデルによるトレーサー実験(CCSR 羽角)

      15:55-16:15 同化モデルによる海洋構造(京大 淡路) 

 

      16:15-17:45  WG3 亜寒帯海域での二酸化炭素の挙動に関する観測研究

                   座長  津田 

      16:15-16:20  WG3の構成と機能

                   (1)表層分圧の季節変動とフラックス

       16:20-16:40   海面分圧の季節変動       神谷ひとみ(気象庁)

       16:40-17:00   交換係数とフラックス     秋山正寿(東海大)

       17:00-17:20 (2)三陸沖炭酸系物質の季節変動 佐々木克之(中央水研)

       17:20-17:40 (3)生物ポンプの季節変動 齊藤宏明(東北水研)

 

       17:40-18:30  WG4 データ管理と基盤整備

                       座長  永田 

       17:40-17:50   (1)研究成果の利用促進         吉岡典哉(気象庁)

       17:50-18:00   (2)データ管理及び情報提供の促進  豊島茂(水路部)

       18:00-18:15   (3)データベースの構築等に関する研究

                                                 永田豊(MIRC)

 

11/27  9:00-10:15  全体会議1(続)  中会議室201

 

       9:00-11:45  WG2 北太平洋中層水の形成と中層循環機構の解明

                       座長  安田一郎

                   (1)北太平洋中層水形成におけるオホーツク海の役割

       9:00-9:30      1)北大プロジェクトの成果  (招待講演30分)

                                       若土正暁/勝又勝郎(北大低温研)

       9:30-9:45      2)ウルップ係留系と親潮     河野時広(北海道東海大)

       9:45-9:55      3)水塊変動と亜寒帯流量観測 川崎康寛(北水研)

       9:55-10:10     4)水塊形成/交換流のモデリング   根田昌典(京大理)

                   (2)定線観測による亜寒帯水流量/水塊変動

       10:10-10:20    1)Aライン                 川崎康寛(北水研)

       10:20-10:35    2)OICEライン/衛星観測     伊藤進一(東北水研)

       10:35-10:50    3)気象庁定線の解析        石川孝一(気象庁)

                   (3)黒潮続流域を通した亜熱帯海域への輸送/集中観測

       10:50-11:05    1)中層フロート観測  岩尾尊徳(気象研)

       11:05-11:10    2)周年を通じた輸送量/亜寒帯水分布  広江豊(中央水研)/東北

                         水研/東大理

       11:10-11:20    3)塩分極小形成過程の観測  安田一郎(東大理)/中央水研

                   (4)北太平洋中層水のモデリング

       11:20-11:25    1)気候値データインバース      安田一郎(東大理)

       11:25-11:45    2)モデルと観測の比較/オーバーターン  石崎広(気象研)

 

       11:45-13:00   昼食

 

       13:00-14:00  各分科会でのまとめ(主査自由時間)(中会議室201,202A,202B)

 

       14:00-16:00  全体会議2(中会議室201)

                    全体とりまとめについての提案と議論

                    ストローマンプロポーザル

                    座長  花輪公雄推進委員長

 

       16:00-18:00  個別分科会(中会議室201,202A,202B)

                    全体会議の指摘を受けて対策

 

       18:00-19:00  推進委員長/WG主査/関係者による小人数検討会(中会議室201)

                    11/28午前の全体会についての議論

                    (全体/分科会横断テーマをどのようにおこなうか等)

 

       19:00ー21   懇親会(含む夕食)(大会議室102)

 

11/28   9:00-10:30  全体会議3(中会議室201)

                    議題:前日の検討会にて決定

                    座長  未定

 

       10:30-12:00  個別/MIX分科会の議論の紹介/まとめと課題(中会議室201)

                    WG毎/全体のとりまとめについて及び議論

                      Journal of Oceanography特集号

                      2002春学会シンポジウム/その他

                      座長  花輪公雄推進委員長

 

       12:00         解散

 

       13:30ー16     拡大幹事会(小会議室404)