平成12年度科学技術振興調整費「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する

国際共同研究」合同分科会

 

日時:2000年11月20ー22日

場所:つくば国際会議場(http://www.epochal.or.jp/index.html)

事務局:気象庁気象研究所  四竃信行(TEL: 0298-53-8657 FAX: 0298-55-1439)

    E-mail: nshikama@mri-jma.go.jp)

 

合同分科会趣旨:

SAGEの方向性の確認

WG毎の方向性のまとめ

個々の研究のSAGEに寄与する点の確認

課題間/WG間の連係をはかる

 

プログラム

 

11/20 13ー13:30  オープニング(大会議室)

                  趣旨説明  花輪公雄推進委員長、深澤理郎代表

                  事務局から  四竃信行

      13:30ー18(4.5時間)  全体会議1(各研究項目の発表)

                  全課題担当者より各発表15分、質疑5分(時間厳守)

      13:30-17:10 WG1 北太平洋亜寒帯循環の構造と変動の解明

                  座長  道田豊

                  (1)亜寒帯表層水温の季節・経年変動に関する研究

                                                 吉田隆(気象庁)

                  (2)亜寒帯の表層海流変動

                     1)漂流ブイを用いた表層循環変動に関する観測研究

                                                 寄高博行(水路部)

                     2)表層循環変動と吹送流評価に関する解析研究1

                                                 鈴木亨(MIRC)

                       表層循環変動と吹送流評価に関する解析研究2

                                                 道田豊(東大海洋研)

                  (3)亜寒帯の水塊の経年変動

                     1)亜寒帯中・深層水塊の変動に関する研究

                                                 深澤理郎(JAMSTEC)

                     2)表亜寒帯表層・亜表層水塊の変動に関する研究1

                                                 稲掛伝三(遠洋水研)

                     3)亜寒帯表層・亜表層水塊の変動に関する研究2

                                                 須賀利雄(東北大理)

                  (4)化学トレーサを用いた研究

                     1)化学トレーサーを用いた亜寒帯循環変動に関する研究1

                                                 渡辺豊(資環研)

                     2)化学トレーサーを用いた亜寒帯循環変動に関する研究2

                                                 杉ノ原伸夫(東大CCSR)

                  (5)同化モデル

                     1)亜寒帯循環変動の同化モデルによる研究1

                                                 倉賀野連(気象研)

                     2)亜寒帯循環変動の同化モデルによる研究2

                                                 淡路敏之(京大理)

 

      17:10-18:00  WG2 北太平洋中層水の形成と中層循環機構の解明

                       座長  安田一郎

                   (1)北太平洋中層水形成におけるオホーツク海の役割

                      1)北大プロジェクトの成果  (招待講演30分)

                                                 若土正暁(北大低温研)

                      2)ウルップ係留系           河野時広(北海道東海大)

 

      18:00ー19:30  夕食

 

      19:30-21:30  全体会議1(続)

                   WG2 北太平洋中層水の形成と中層循環機構の解明(続)

                   (1)オホーツク海の役割(続)

                      3)水塊形成/変動と親潮変動  川崎康寛(北水研)

                      4)交換流のモデリング       根田昌典(京大理)

                   (2)衛星観測による親潮モニタリング   清水勇吾(東北水研)

                   (3)展開過程と季節経年変動

                      1)定線及び準定線観測資料の解析   網野正明(気象庁)

                      2)中層フロート観測及び経年変動 四竃信行/金子郁雄(気

象庁)

 

11/21  9:00-14:30  全体会議1(続)  中会議室

       9:00-10:00  WG2 北太平洋中層水の形成と中層循環機構の解明(続)

                   (4)黒潮続流域を通した亜熱帯海域への輸送

                      1)本州東方海域の観測1      川崎清(中央水研)

                      2)本州東方海域の観測2      安田一郎(東大理)

                   (5)モデリング                 石崎広(気象研)

 

       10:00-12:00 WG3 亜寒帯海域での二酸化炭素の挙動に関する観測研究

                       座長  津田 

                   (1)表層分圧の季節変動とフラックス

                      1)海面分圧の季節変動       神谷ひとみ(気象庁)

                      2)表層分圧と物質循環       井本泰司(水路部)

                      3)交換係数とフラックス     秋山正寿(東海大)

                   (2)三陸沖炭酸系物質の季節変動 佐々木克之(中央水研)

                   (3)生物ポンプによる炭素物質輸送の季節変動

                      1)生物ポンプの季節変動1    斎藤宏明(北水研)

                      2)生物ポンプの季節変動2    服部寛(北海道東海大)

 

      12:00-13:30   昼食

 

      13:30-14:30  WG4 データ管理と基盤整備

                       座長  永田 

                   (1)研究成果の利用促進         吉岡典哉(気象庁)

                   (2)データ管理及び情報提供の促進  豊島茂(水路部)

                   (3)データベースの構築等に関する研究

                                                 永田豊(MIRC)

      14:30ー16:00   全体会議2(中会議室)

                   各WG主査からWGの方向性の発表

                   座長  深澤理郎

 

      16:00ー19:00   個別/MIX分科会(3小会議室)

                       全体会議の指摘を受けて対策

 

      19:00ー21      懇親会(含む夕食)

 

11/22 9:00ー10:30  全体会議3(中会議室)

                     個別/MIX分科会の議論の紹介/まとめと課題

                     座長  花輪公雄

 

      10:30ー12:00  全体の方向付けについて及び議論

                      座長  深澤理郎代表、花輪公雄推進委員長

 

      12:00         解散

 

      13:30ー16     拡大幹事会(小会議室)