科学技術振興調整費による総合研究

「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際共同研究」

平成12年度第2回研究推進委員会

 

議事録
 


 

【日 時】 平成1335日(月) 1330分〜1630

【場  所】  文部科学省特別会議室(文部科学省別館5階)

 

【出席者】

委員長:花輪

  員:若土、宇治、遠藤、奥田、佐伯、佐々木、深澤、道田、安田、津田、永田、淡路

オブザーバー:伊藤(東北水研)、寄高(水路部)、松本(水路部)

事務局:森、古川(文部科学省)                     敬称略
 


 

【議  事】

(1) 開会

 

(2)推進委員会委員長挨拶

 

(3)前回議事録の確認

 

(4)「亜寒帯循環観測」分科会からの報告

道田委員より、資料に基づき「亜寒帯循環観測」グループの本年度の成果の概要及び来年度の計画について説明がなされた。また、淡路委員より同化モデルの結果について説明がなされた。

(遠藤)モデルと観測はどこで比較するのか?

(道田)表面は亜寒帯域全体で比較し、深い方は観測データのある線上で比較する。

(深澤)WG1としての目標と今後の進め方は?

(道田)観測だけでは全体を網羅することはできないので、観測結果をモデルに集約して亜寒帯循環域を把握していきたい。

(花輪)表層は観測でかなりの範囲をカバーできていると思われる。観測でカバーできない、表層と中層のオーバーターン等についてはモデルと統合することによって解明していくと良いと思われる。

 

(5)「循環系相互作用」分科会からの報告

安田委員より、資料に基づき「循環系相互作用」グループの本年度の成果の概要、来年度の計画について説明がなされた。

(花輪)千島列島付近の変動と北緯41.5度の変動との関係はどうなっているのか?

(安田)北緯41.5度では1994年から変動の様相が変化しており、千島列島付近及び厚岸おきでは3年ほど遅れて変化している。

(淡路)T/Pのデータから絶対流量が算出できるのか?

(安田)SSHAから算出した流量は、1000dbar基準で観測から求めた流量と相関が高いことがわかったということである。絶対流量は今後の改題である。

(花輪)このグループは西部亜寒帯域の中層循環の平均像を定量的に把握することが目的であるが、観測データの増加により変動も解析できるようになりつつある。今後どのような戦略で研究を進める予定か?

(安田)データの多いA-line及びOICEのデータで季節・経年変動を解析し、集中観測の結果と統合することによって平均像を求めていく。

(花輪)WG1とWG2で変動に関する解析を行うための対話を深める必要がある。

 

(6)「二酸化炭素の挙動」分科会からの報告

津田委員より、資料に基づき「亜寒帯循環観測」グループの本年度の成果の概要、来年度の計画について説明がなされた。

(淡路)海水中にとけ込んだ二酸化炭素の変動が春から夏にあわないのは、生物活動だけでなく、風の効果と表層の成層構造の効果の相互効果にも原因がある可能性がある。

(遠藤)pCO2のマッピングはどこの海域でどのようなタイムスケールで行うのか?

(津田)WG2が対象としている西部亜寒帯域において、季節変動をマッピングする予定である。

(花輪)西部亜寒帯のオーバーターンにより、二酸化炭素がどのくらい中層水に取り込まれるのかを求めることができるのか?

(津田)物理的な流れがわかれば、算出することは可能である。

(花輪)今後WG2と密に連絡を取りながら定量的な解析を進めていただきたい。

 

(7)「データベース」分科会からの報告

永田委員より、資料に基づき「データベース」グループの本年度の成果の概要、来年度の計画について説明がなされた。

さらに、「データベース」グループから他の研究担当者へ

・速く観測データを送って欲しい

という要望がなされた。

 

(8)全体に対する議論

(深澤)二酸化炭素の循環を議論するためには、WG1及びWG2において中層水に期限を含むオーバーターンの循環像をより精密に求めていく必要がある。

(花輪)WG1WG2の間での連携テーマは、時間変動である。WG1からは広域の表層の流れと水温、WG2からは断面での時系列データを提出して、議論する必要がある。WG1はもっともらしいモデルを用いたオーバーターンの見積もりが目標である。

(深澤)観測結果とモデルを比較する方法はいろいろあるが、何を比較してもっともらしいモデルを構築するのかを議論する必要がある。個人的にはフロンのデータが比べやすいと思われる。

(花輪)モデル・観測ともに歩み寄って研究を進めてほしい。

(淡路)モデルを改良するためにどのような物理過程をモデルに取り込むべきかを明確にしていただきたい。

 

(9)関連する国際共同研究の状況について

伊藤氏より関連する国際共同研究の状況について、資料に基づき説明がなされた。

(花輪)形式にこだわらず、SAGEに関連した共同研究をすべて挙げた方がよい。今後もリバイスしていく必要がある。

 

(10)合同分科会の報告

安田委員より、資料に基づき昨年11月に開催された合同分科会の報告がなされた。

(花輪)ハードな合同分科会であったが、成果は大きかったと思われる。次回(11/26-27)の合同分科会も期待している。

 

(11)今後のスケジュールについて

(道田)国内シンポジウムは、2002年の春の学会時に開催を検討している。国際シンポジウムについては、予算のめどがつかないので他のプロジェクトの共同開催も検討している。

(深澤)JO特集号については、WG1が5編、WG2が4編、WG3が3〜5編、WG1が1編の計13〜15編の原著論文と総説で20編くらいを編集したい。特集号をストーリー性のあるものにするためには、幹事会で目次を作り、担当者に論文を書いてもらう方が良い。締め切りは2002年の秋。