科学技術振興調整費による総合研究

     「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際共同研究」

          におけるデータポリシーについて


                             研究推進委員会

 

 本プロジェクトでのデータポリシーについて、明文化することによりプロジェ

クト内でのデータ流通を一層促進し、また、情報公開に対する社会的要請の強ま

りに対応するために、今後プロジェクト内でのデータ流通及び一般へのデータ公

開については、以下のようにする。

 また、国際機関が実施しているデータ交換推進プログラムについては、可能な

限り協力する。

 


1.海洋データの提出について

 本プロジェクトのもとで観測した関係機関(以下データ生産者という。)は以

下の要領で、JODCにデータを提出する。

 

(1)提出時期について

 データ生産者は観測終了後物理データは1年を目処に、化学・生物データについ

ては2年を目処に取得したデータをJODCに提出し、プロジェクト内での流通が

図れるようにする。

 ただし、早急にデータの流通が図れる海洋データについては、6ヶ月を目処に

JODCに提出する。(例:ADCP,XBT等)

 

(2)提出するデータについて

 本プロジェクトにおいて取得される海洋調査データとする。(例:CTD,X

BT,ADCP,各層観測及びその他の海洋データ(二酸化炭素データ等を含む

。))

 

(3)データの流通について

  提出されたデータについては、JODCが運用する本プロジェクト第4分科会

のホームページに載せ研究参加機関でデータの有効利用が出来るようにする。

 


2.海洋調査報告( Cruise Summary Report :CSR)について

 CSRについても、調査終了後下記の要領でJODCに提出する。

 CSRは海洋データの全世界にわたる収集目録として利用され、科学者、計画

管理者及びデータ管理者にとって、誰が、いつ、何処で何を収集したかタイムリ

ーな情報として利用される重要な報告書です。

 

 提出時期:航海後2週間以内にJODCに送付

 フォーマット:世界共通フォーマット

 掲載場所:JODCが運用する本プロジェクト第4分科会のホームページに掲載

する。

 


3.一般へのデータ公開について

 JODCに提出されたデータの公開については、観測終了後3年間は本プロジ

ェクト関係者のみとし、この間の関係者以外への公開にはデータ生産者の許可を

必要とする。

 それ以降は、原則として一般に公開をする。