東北水産研究レター

 「東北水産研究レター」は、下記の①から③を目的とし、一般市民の皆様や地域・専門分野に関し専門知識を有する調査研究機関、行政機関、業界関係者等の方々を対象としています。

   ①研究成果の普及
   ②地域の関係機関等との連携
   ③組織・業務内容への広報等

 年2回の発行を予定しています。皆様からのご意見などよろしくお願いいたします。
 ※送付希望等は、業務推進課 情報係 022-365-1191(代) まで

最新のレター

       
刊行年月平成28年9月刊行No.38

No.38  ※画像クリックで全文PDF表示

各頁の記事
 表紙
 ①東日本大震災以降の漁獲圧の減少がマダラ資源に及ぼした影響 (成松 庸二)
 ②ヒラメの放射性セシウム濃度を決める要因 (栗田 豊・冨樫 博幸・天野 洋典)

過去のレター

 閲覧したい記事を選択すると、PDFファイルが展開されます。