温暖化イニシアチブ

親潮域・混合域モニタリング

A-Line

2002年度成果の公表


原著論文

Ono, T., K. Tadokoro, T. Midorikawa, J. Nishioka and T. Saino, 2002, Mlulti-decadal decrease of net community production in western subarctic North Pacific, Geophys. Res. Lett., 29, 10.1029/2001GL014332.

原著論文以外の文献

齊藤宏明・津田敦,2002,海洋システム研究における生物モニタリング,月刊海洋,34,660-670.
渡邊朝生・平井光行,2002,水産庁関係定線観測の現状と今後の取り組み,月刊海洋,34,721-729.
葛西広海・齊藤宏明・津田敦, 2002, Aラインにおける低次生産モニタリング. 月刊海洋, 34, 777-781.
川崎康寛・日下彰,2003,Aラインにおける亜寒帯水の流量と水塊変動.号外海洋科学, 13, 101-107.
伊藤進一・A-lineチーム,2003,温暖化プロジェクトにおけるA-lineモニタリング,東北海区海洋調査技術連絡会議事録, 52, 51-53.

口頭発表

Saito, H., Tsuda, A. Plankton Dynamics and Biological Pump in the Oyashio Region: Overview of the A-line Monitoring, Sapporo Workshop on North Pacific JGOFS Synthesis, 2002年10月, 札幌.

北水研ホームページへのリンク

東北水研Home Pageへ戻る

混合域海洋環境部Home Pageへ戻る