独立行政法人 水産総合研究センター 東北区水産研究所
出前講義ページ >> 8/20 漁海況予報説明会

八戸市で出前講義「サバ、イワシ、イカ及びサンマの予報説明会」(2010年8月20日)

 八戸市魚市場仲買青年会主催の「漁海況予報説明会」に服部主任研究員、中神主任研究員が出前講義を行いました。
会場の様子
 日時: 2010年8月20日14時〜15時30分
 場所: 八戸シーガルビューホテル(青森県八戸市)
 名称: 八戸魚市場仲買青年会主催漁海況予報説明会


講演の様子

(内容)
 本説明会には八戸市内の加工業者の買い付け担当者など51名が参加されました。
 説明会では7-8月に水産庁から発表されたマサバ、ゴマサバ、マイワシ、カタクチイワシ、スルメイカ及びサンマの漁海況予報を基にして、直近の漁獲状況や魚体なども含めて報告しました。
 八戸での重要種であり、これから水揚げが本格化するマサバ、ゴマサバそしてスルメイカの予報には関心が高かったようです。

水研センターでは、成果の普及と国民との双方向コミュニーケーションを図っており、今後も研修や講演等を通して、漁業者や関係機関の方々と連携を図ってまいります。(第2期 中期計画)